• このエントリーをはてなブックマークに追加

華原朋美と小室哲哉が破局した理由と、依存していた薬について調べてみた

華原朋美
この記事の所要時間: 550

華原朋美さんと小室哲哉さんが別れた本当の理由は何だったのでしょうか?

今回はその真相について詳しく経緯を追ってみた結果をお伝えします。

また、華原さんが依存していた「薬」とは一体なんだったのか、具体的に調査してみました。

Sponsored Link

華原朋美のプロフィール

本名:下河原 朋美(しもがわら ともみ)
出生:1974年8月17日(42歳)
出身地:千葉県浦安市(出生地:東京都江東区)
血液型:O型
ジャンル:J-POP
職業:歌手、タレント、ミュージカル女優

前置きは無しにして、早速本題の方に入っていきましょう。

どうでも良いですが、芸名の「華原」と本名の「下河原」って印象が全然違って面白いですね。

華原朋美と小室哲哉の馴れ初め

華原さんは、1993年(高校3年)から1995年まではグラビアアイドルとして活動していました。

1993年には同じ事務所の三浦早苗から取った「三浦彩香(みうらあやか)」、1994年からは「遠峯ありさ(とおみねありさ)」の芸名を使用していました。

華原さんが小室哲哉さんと出会ったのはちょうどアイドルとして活動していた1994〜1995年の頃。
「天使のU・B・U・G(うぶげ)」に出演していた時に小室哲哉さんに才能を見出されたのだと言われています。

天使のU・B・U・Gは、

一般的な知名度が低い、一部マニアを除いては全く売れていない女性アイドルたち

が色々なゲーム企画に挑む、深夜に放送されるバラエティ番組で、その頃の華原さんについて調べてみると

「番組内でキレて社長に暴行」
「水中カルタ取りで乱闘」

など、割とバイオレンスな雰囲気が漂います。

小室さんが華原さんのどこに才能を見出したのか不明なので一部では「顔が好みだったんじゃない?」とか言われてますが、きっと華原さんの何者も恐れない内に秘めた熱意を見出したに違いありません(ということにしておきましょう)!

で、その後才能を見出された華原さんが、小室さんが当時青山で経営していた店「TJM」に呼ばれたことをきっかけに、間もなく交際がスタート。

TJMって何の店だったのか気になったんですが、現在ではデザイン関連の店しかヒットせず…ライブコンサートが開かれる音楽スタジオみたいな感じだったんでしょうか?

ちなみに華原さんのデビュー前に週刊誌にスクープされ「アーティストに手をつけた」と言われた際に、小室さんが

「アーティストに手をつけたのではない。恋人に曲を書いてデビューさせただけだ。」

という名言を残したという面白いエピソードもあります。
非常にすがすがしく分かり易い発言ですが、「実はテレビで見て一目惚れしたからひいきをしたくなっただけなのでは…」と思ってしまいました。

華原朋美という芸名も、本名を使いつつ小室哲哉のイニシャルと同じ「T・K」になるよう付けられたらしいですし。

華原さんはもともとは女優を志望していましたが、

出会って間もない頃に何気なく歌声を聴いた小室は涙を流して感動し「涙腺を刺激する歌声」と称し、歌手デビューが決定

というのは有名な話です。

が、華原朋美さんの経歴を眺めてみると、乗馬や将棋などはあるものの、歌に関しては特別なトレーニングを受けたようには見えません。

ただ、それぞれ乗馬では国体4位、将棋ではジュニア1級・一般3級など一度取り組んだものは高いレベルで習得しているようなので、もしかしたら国民的美少女コンテストを受ける際に猛特訓をしていたのかもしれません。

…と思って調べてみれば、高校2年のころには中山美穂さんに憧れて毎日のようにカラオケに通って歌っていたそうです。

「涙腺を刺激する歌声」はこの頃のトレーニングの賜物だったんでしょうね!

華原朋美と小室哲哉が別れた理由は?

華原さんと小室さんは交際を開始して4年ほどで破局しました。
実は交際し始めてから半年ぐらいで関係はギクシャクし始めていたらしく、

「華原さんが一方的に突っかかるような喧嘩が多かった」
「華原さんが我がままだった」
「当時小室さんは海外での活動が多く、一方華原さんは日本での芸能活動がメインだったからすれ違っていた」

などと、2013年頃のインタビューでは語られていたようです。

華原さんは小室さんと一番親密だった時期、ハワイに旅行へ向かう飛行機の中で、

華原は小室の手を握って親指を吸って放さなかったという。それが5時間、6時間続いた。

とのことだったので、精神的にかなり小室さんに依存していたことも伺えます。
実際、華原さんにとって小室さんは自分が大ブレイクする救世主ともなった人物ですから、そう考えると交際するきっかけ自体が結構歪だったのかもしれません。

2人が破局したのは1998年の12月。

直接的な原因こそ不明ではあるものの、浮気が原因などと諸説ありますが、当時小室さんと付き合っていたAsami(吉田麻美)さんの証言によると、「小室さんがKEIKOさんとべたべたしていたのを目撃したのがきっかけ」だと言われてます。

その後小室さんは、「好きな子ができたから別れたい」と華原さんに別れを切り出したそうです。

実際はその「好きな子」はKEIKOさんではなくAsamiさんだったらしいですが…最終的にはどっちとも結婚してるわけですから、どっちも好きだったんでしょう。

なんだかよく分からない交際関係ですが、華原さんも小室さんも調べてみるとお互いに依存体質のように思えるので、なんだかんだで最終的には結局相性が合ってなかったんでしょうね!

Sponsored Link

華原朋美は依存していた薬は何?

華原さんが芸能活動を休止していた時期に薬物に依存していたということは、本人が赤裸々に語ってます。

恋愛の悩みから精神安定剤などの薬物に頼るようになり入退院を繰り返した
引用元

とのことですが、具体的には何の薬を飲んでたんでしょうか?

華原さんは「医師から処方された薬を飲んだ」と語っており、また、精神安定剤とは睡眠薬や抗うつ剤のことなので…はっきりとは分かりませんが、

・SSRI
・リタリン
・ハルシオン

などがそういった薬に当たるそうです。
また、小室さんと華原さんがゴタゴタしていた頃、精神医が「多分ボーダー(境界性パーソナリティ障害)」ではないかと言ってましたので、その可能性も考えてみれば、

・マイナートランキライザー
・メジャートランキライザー
・抗アセチルコリン薬

といった薬などが当てはまるかもしれません。が、真相は本人のみぞ知る…ということでお願いします。

それでは!


Sponsored Link

こちらの記事も読まれてます!

オマケ記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ