• このエントリーをはてなブックマークに追加

満島ひかりと旦那・石井裕也の結婚と離婚について!演技力の評価はどんな感じ?

この記事の所要時間: 532

女優・満島ひかりさんとその旦那・石井裕也さんが離婚するのではないかという噂が流れているようです。

そこで今回は、噂が流れるに至った詳しい経緯・原因について調査した結果をお伝えします。

またついでに満島さんの演技力についても気になっている人が多いようなので、その辺りの評価についても調べてみました。

Sponsored Link

満島ひかりと旦那・石井裕也の離婚説

結婚までの経緯

満島さんとその旦那である石井裕也(いしい・ゆうや)さんは、2010年に結婚しています。

そのきっかけとなったのは、同2010年に公開された映画「川の底からこんにちは」だったそうです。

「川の底からこんにちは」は、監督である石井さんの商業デビュー作品であり、満島さんはこの映画に「主演女優」として出演していました。

映画の撮影中にはすでに同棲するほどの深い関係になったそうですが、映画が公開された2010年5月の5ヶ月後である10月25日には結婚されていますので、その出会いから結婚までは非常にスピーディです。

ところで満島さんと石井さんのどっちがどっちにアプローチしたんだろう、と思ったんですが、これについては

脚本を気に入った満島ひかりが監督に「私を選ばないと損しますよ~」などとアプローチしたと、満島本人が語った。

というのを見ると、意外にも(?)満島さんが監督だった石井さんに対して恋愛面でもアプローチしてた可能性がありそうです。

石井さんはその頃からすでに映画監督として業界から注目を浴びていたのもあって、満島さんがその将来性も加えて魅力を感じていたのかもしれません。

実際、石井さんはこの映画を作成した後、2009年には日本映画の賞である「ブルーリボン賞」を史上最年少で受賞されていますし、満島さんのアプローチは間違いなく正解だった事も分かりますね!

(いやまぁ、当然ながら結婚するには「人柄ありき」だと思うので、将来性云々だけでどうこう言えるわけではありませんが…)

と、ここまで書いてて気づきました。

「川の底からこんにちは」が公開されたのは2010年ですが、映画作成自体は2009年だったみたいなので、2人の出会いから結婚までは実際は1年くらいはあったんですね。そう考えれば、そんなに「電撃結婚」とも言えないのかも?

離婚の噂について

2014年12月現在のところ、離婚説こそ噂されていたものの、実際に離婚の報道が流れているわけではありません。

というわけで、何故そもそも満島さんと石井さんの離婚が噂されていたのかについてお伝えしましょう。

実際これについて色々調べてみると、案外どれも根拠の薄い話ばかりだったというのが真相です。

簡単にまとめてみると…

・2人とも仕事が忙しくて接している暇がない
・満島ひかりさんの口から石井さんの名前が出てこない
・子供がまだいない

こういった情報から、「二人は不仲=離婚する可能性がある」と思われている(いた?)ようです。

ちなみにこの内「子供」については、満島さん自身が2013年12月に以下のように話しています。

「考えてはいますね。でも授かり物なので…。あ、このことをニュースにしないで下さいね!映画のことを書いて下さい」

結局、満島さんにとって不本意な事にニュースにはなったようですが(笑)

この事から判断すると、単純に満島さんは「プライベート」と「仕事」をきっちりと切り分けて考えているだけなんじゃないかと思います。

映画のインタビューを受けているのに、それとは全く関係ないプライベートの話をする気も必要も特に無い。だからこそ、旦那である石井裕也さんの名前が話の中で出てくる事も無い…ってだけじゃないでしょうか。

仕事のインタビューでプライベートな話を語る芸能人は実際多いですが、満島さんはそんな人達(というと失礼かもしれませんが)とは違って「仕事は仕事」として真剣に取り組んでいる事が分かりますね。

だからこそ優秀な映画監督である石井さんともお互いに尊敬していて、そこから結婚にも繋がったのかもしれません。

という事で、結論を言えば現状では「離婚説はガセ」であると言えるかと思います。果たして今後、2人の子供はどうなるのかが私としては気になりますね。

Sponsored Link

満島ひかりの演技力の評価

離婚説についてはこれくらいにしておいて、次に満島さんの演技力の評価について見てみましょう。

これまで書いてきた情報から仕事に対する彼女の真摯な姿勢が窺えるため演技力が高い事は推測できますし、ザッと調べるだけでもその評価が高い事も分かります。

実際Wikipediaを見てみると、その受賞歴も凄い事になっています。

賞の詳細な内容については割愛しますが、2009年から数えて、2014年現在までで演技賞や女優賞の合計数が31個にも及んでいます。

同じく女優の尾野真千子さんも(名誉市民を含めて)21もの受賞歴がありますが、それを大きく上回っています。

よって客観的な評価は極めて高いと言えるのは間違いありません。

で、演技のどんなところが評価されているのかという点も気になったので調べてみると、こんな感じの声があるみたいです。(※無作為に抜粋した内容になります)

それにしても満島ひかりってすごい演技うまいよね。 顔は好きじゃないけど本当に演技がうまい。なんなんだろうな、見入ってしまうね。

いっときの感情なら その辺の女優さんでも演じられると思うけど、役の人物が生きてきた時間とかを表現できるのって凄いことで、womanの小春が満島ひかりさんでほんとに良かったと思う。中途半端な演技だったらこんな重いドラマ観ない。あと、子供との接し方が凄い自然だなって思う。

映画自体も凄くて今年見た中でダントツで1番面白かったですが、ヨーコ役の満島ひかりさんに驚きました。
もの凄い演技力でした。特にあの浜辺で聖書?を暗唱するシーン。
あれってどうみても編集とかしてないですよね?凄すぎます。

などなど。

「演技が自然で凄い!」といった感じの意見が多く感じられました。

やっぱり30以上の受賞歴はダテじゃないって事ですね!

という事で、これからも満島さんの活動に注目しつつ、今後の活躍にも期待したいと思います!

それでは!

関連記事:満島ひかりの歌の上手さの秘密とは?/a>


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ