• このエントリーをはてなブックマークに追加

岡田准一が資格を持つ3つの格闘技と、そのトレーニング方法について。

この記事の所要時間: 835

今回は、岡田准一さんの「格闘技マスター」ぶりについて具体的にお伝えしたいと思います。

実は岡田さんは「3つ」の格闘技のインストラクター資格を持っているほどの実力者で、その腕前は紛れもなく「プロ」として通用するレベルだそうです。

というわけで早速、そんな岡田さんが現時点で習得している格闘技や、そのトレーニング方法などについて具体的に見ていきましょう。

Sponsored Link

岡田准一がインストラクター資格を持つ3つの格闘技

岡田さんが「インストラクター」としての認定資格を受けるほどの高いレベルで習得している格闘技は、以下の3つです。

1. ジークンドー
2. カリ
3. USA修斗(しゅうと)

正直、私なんかは柔道とか空手とかいったメジャーな格闘技しか知らないので、上記を見て初めは「え、何それ全部知らない」って感じだったんですが……。

ともあれ、それぞれについて具体的に見ていきます。

1:ジークンドー

「ジークンドー」といった格闘技の名前は聞いた事がない人でも、「ブルース・リー」を知っている人は多いのではないでしょうか。

正確にはジークンドーは「格闘技」ではなく、ブルース・リー自身が創始した「人間としての生き方を示す哲学」だそうです。

かつての日本では截拳道(せっけんどう)とも呼ばれ、

・截(防ぐ)
・拳(拳=相手の攻撃)
・道(方法)

という意味が示す通り、「相手の攻撃を防ぐ方法(武術)」でもあり、「人生における障害を乗り越える方法」とうい哲学的な思想も含んだものになっています。かなり深い意味を持っているわけですね。

ジークンドーの創始者である、ブルース・リーのアクション(ジークンドー)の実戦動画がこちらになります。

Wikipediaによると、どうやらジークンドーを教える道場では後で紹介する「カリ(エスクリマ)」や「修斗」も一緒に稽古する事が多いらしいので、岡田さんも恐らくそういう関係で

・ジークンドー
・カリ
・修斗

といった複数の武術のインストラクター資格を獲得するに至ったのではないかと思います。

2:カリ

カリはフィリピンの武術で、日本では「エスクリマ」という呼び方が一般的なようです。

「エスクリマ」はスペイン語の「esgrima(エスグリマ:フェンシングの意)」をルーツとするフィリピンの「国技」でもあり、その名前のルーツからも分かる通り「武器」も使用するのが特徴です。

カリはフェンシングの影響も強く受けている為、もちろん剣(刃物)も使用するわけですが、それ以外にも色々と使います。

具体的には、以下のような技術を複合したものになっているんだとか。なんか名前がカッコイイですね。

徒手空拳(マノ・マノ)=素手で戦う体術
剣術(エスパーダ)=籐牌術(片手で行う剣術)
ナイフ(ダガ)=単短刀術(両刃の短剣を使う刀術)
二刀流(エスパーダ・イ・ダガ)=双刀術(剣とナイフの二刀流で戦う技術)
棒(バストン)=短棍術(短いラタン製の棒を使う技術)
諸手棒術(ドス・マノス)=長棍術(長い棒や大剣などを使う技術)

こちらがカリ(エスクリマ)の実戦動画になります。

USA修斗

「修斗」は、初代タイガーマスクである佐山聡さんが創始した格闘技です。

元々はプロレスの隠語である「シュート(=ガチンコ、真剣勝負)」から「シューティング」と呼ばれていましたが、その後「斗いを修める(たたかいをおさめる)」という字が当てられるようになったんだとか。

岡田さんが習得した格闘技に何故「USA」が付いているのかは分からなかったんですが、どうやらこういう事らしいです。

因みに、現在有名になった「修斗(元々の名称はシューティング)」とは、流派ではなく、佐山聡先生(※)が創始された「総合格闘競技・ルール」であり無形のもので、ルール内の動きであれば、スタイルは限定されていない。

それに対し、「USA修斗」とは、佐山先生が構築された総合格闘競技の打投極テクニックを踏襲した「佐山流シューティング」の流派であり有形、一つのスタイルである。
引用元

ただの「修斗」は無形の「総合格闘競技・ルール」、「USA修斗」は有形の「打投極テクニック」を含んだ流派……という事のようですね。

こちらが「修斗」の実戦動画なんですが、以上の理由から厳密には「USA修斗」とは異なる可能性があります。

岡田准一が保有する3つの「インストラクター資格」について

というわけで、岡田さんはここまでご紹介してきた3つの格闘技、

1. ジークンドー(略称JKD)
2. カリ(エスクリマ)
3. USA修斗

これらのインストラクター資格を持っているわけですが、その事は以下の「IUMA日本振藩國術館」のホームページでも確認する事ができます。

>ジークンドーのインストラクター認定者リスト

このリストの中に、以下のように岡田さんの名前を発見する事ができます。

<ジュンファン・マーシャルアーツ・アソシエイト・インストラクター>
◯岡田 准一 (2014年9月1日・認定/現5thレベル)

<フィリピノ・マーシャルアーツ・アソシエイト・インストラクター>
◯岡田 准一 (2014年9月1日・認定/現5thレベル)

多分ですが、「ジュンファン・マーシャルアーツ・アソシエイト・インストラクター」というのがジークンドーのインストラクター資格であり、「フィリピノ・マーシャルアーツ・アソシエイト・インストラクター」がカリのインストラクター資格だと思います。

そして、これらに加えて2017年6月に認定を受けたのが「修斗 クラスCシューター(フルインストラクター)」ですね。

USA修斗のフルインストラクター資格認定については、以下の記事において認定証の画像付きで紹介されています。

>新たなUSA修斗『シューター』認定者誕生!

インストラクターの指導料規定

実は、認定インストラクターは希望者に対して「有料指導」を行う事が許可されており、その指導対象や指導料などについても規定があります。

それによると、岡田さんが現在認定を受けている「アソシエイト・インストラクター」は、

・プライベート・レッスン、及び、プライベート・スモールグループ・レッスンが可能(1~10名まで)
・指導料規定は、1時間10000円(指導対象の人数に関係なく1時間1万円)

のように規定されています。

つまり、岡田さんは武術の指導を行って「1時間1万円」の指導料を受け取る事ができるレベルの資格を持っているわけです。

(ただし岡田さんの取得したアソシエイト・インストラクター資格には「1年間の有効期限」がありますので、期限が切れたら有料指導はできません)

お金が取れるって事から考えても、間違いなく「プロレベルの武術」を習得している事が分かります。

Sponsored Link

どうやって武術を身に付けていったのか?

そもそもの岡田さんが武術を身に付けようと思い立ったきっかけは、2007年11月から2008年1月にかけて放送されたドラマ「SP警察庁警備部警護課第四係」です。

岡田さんはドラマの中の激しいアクション演出に対応する肉体を作るべく、実際に出演依頼を受ける1年前からスポーツジムに通い始めたんだとか。

ただ岡田さん自身は、そうやった準備の末にアクションシーンに臨んだにも関わらず、「SP」のアクションシーンには満足できなかったそうです。

そして、その「アクションに満足できない」というところから独自に研究を始め、その末に辿り着いたのが「ジークンドー」と「カリ」だったわけですね。

先にご紹介した「岡田准一がシューター認定を受けた」という記事の中には、岡田さんが続けてきた「修練」について以下の記述があります。

岡田氏は中村師父から約10年間、JKD、KALI 、USA修斗のプライベート指導を受け続けており、USA修斗協会本部のある米国イノサントアカデミーへの渡米修行を幾度も敢行。

中村師父が2ヶ月毎に来日していた際は、約一ヵ月間に及ぶ師父の滞在中、厳しい個人指導を受け続け、師父の不在中でも毎回出される稽古メニューで日々トレーニングを継続し続けた約10年間。

その熱心な姿勢は稽古を始めた頃から目を見張るものがあり、華やかさだけが喧伝されがちな彼の表舞台とは全く対照的な空間で、本当に地道な修練を現在も積み重ねている。
引用元

こうして見てみると、岡田さんは何か特殊なトレーニングを受けていたわけではなく、10年間に渡って地道な稽古を続けた末に、

「3つのインストラクター認定資格」

を受ける事ができたわけですね。

強いて言えば「中村頼永師父のプライベート指導を受けている」というのが特別な事に当たるかもしれませんが……。

(ちなみに中村頼永さんは、IUMA日本振藩国術館とUSA修斗の代表を務める人物であり、紛れもない武術の達人です。

現在では「プライベート・スチューデント」への週2時間の個人レッスンのみを行っているらしく、その指導を直接受けるのはかなり敷居が高そうに思えます)

岡田さんはここまでにご紹介した3つのインストラクター資格を持っている武術以外にも、「ブラジリアン柔術」などの修練も積んでいるらしいので、今後ますます強くなっていかれる事と思います。

岡田さんの武術は、海外の有名格闘家からも注目されているレベルだそうですので、どこまで武術を極めていくのか非常に楽しみですね。

といったところで、最後に岡田さんのアクション動画をご紹介して終わりにしたいと思います。

それでは!

岡田さんが生み出した独自の肉体改造術、「岡田メソッド」や美しい肉体画像などに興味があれば、こちらの記事も是非ご覧ください。

関連記事:岡田准一筋肉画像がヤバイ!独自の肉体改造術「岡田メソッド」とは?


Sponsored Link

こちらの記事も読まれてます!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ