• このエントリーをはてなブックマークに追加

坂口健太郎の韓国人気の原因とは?「似てる」と話題の韓国人俳優とは…

この記事の所要時間: 549

今回は、坂口健太郎さんについて。

何やら坂口さんが韓国での人気が高いようなので、その理由について詳しく調べてみました。

また、とある韓国人俳優に「似てる」だとか「そっくり」とか言われているらしいので、その辺りについても画像を交えて詳細に調査しました。

というわけで早速どうぞ。

Sponsored Link

坂口健太郎の韓国人気の理由とは?

一部では「韓国人っぽい」とも言われている坂口健太郎さん。

調べてみると生まれは東京ですし、国籍は普通に日本です。

坂口さんの出身中学と高校は以下の通りで、高校時代にはバレーボールに所属していたとの事。

出身中学:明星中学校(東京都府中市)
出身高校:明星高等学校(東京都府中市)

坂口さんは芸能活動自体も日本での活動がメインで、韓国に向けて何かやっていたわけでもありません。

実はチョナン・カンみたいに韓国語がしゃべれるのかと思いきや、別に韓国語がしゃべれるわけでも無いみたいです。

にも関わらず、何故か韓国人から高い人気がある。

不思議です。

というわけでそのキッカケを調べてみると、何と「顔」に韓国人気の原因があるみたいなんですね。

ともあれ「顔」が人気の理由だったとしても、実際に現時点でも韓国人気があるのは事実らしく、Twitterでも以下のようなツイートが発見できました。(ちょっと違うのも混ぜてます)

坂口さんが人気になったキッカケが、上記ツイートの中にも含まれている「塩顔」にあるようです。

塩顔とは一体何なのか。

調べてみると「○○顔」というのにはいろいろな種類があるらしく、「これ勝手に言ってるだけなんじゃねーの」って感じもしますが(笑)

こちらの画像だと塩顔は「あっさりしたアジア人らしい顔」ってなってますね。

他の一般的に言われている「塩顔男子」の特徴は以下の通り。

・目元がシャープ
・マッシュ系の髪型がよく似合う
・一重または奥二重
・まぶたが薄い
・一見するとひ弱そうで肌が白く髭もない
・手や喉仏はしっかりしてる

で、そんな「塩顔」の代表として話題になったのが坂口健太郎さんだったわけです。

メンズノンノの2013年6月号にて「塩顔男子」として表紙を飾り、塩顔イケメンの代表格として扱われるように。

モテ要素だって詰まってます。

このタイミングで、元々日本に興味のあった韓国人がTwitterなどのSNSで拡散した事によって、韓国へと坂口健太郎さんの人気が波及していったのだと思われます。

結局のところ、「韓国人のイケメン」と「塩顔男子」が似ているところに原因があったと言えるんじゃないでしょうか。

Sponsored Link

坂口健太郎が韓国人俳優にそっくりというお話

坂口さんは、韓国で2004年に放送された大ヒットテレビドラマ「ごめん、愛してる」の日本のリメイク版に坂口さんが出演し、韓国ロケに行った時にも大きなニュースになった事からも、その人気ぶりが窺えます。

元記事はこんな感じです。

日本版「ごめん、愛してる」の韓国撮影が行われる。

取材によると、長瀬智也主演の日本ドラマ「ごめん、愛してる」の撮影のため、坂口健太郎が電撃で韓国を訪問した。

関係者は11日、OSENとの取材で「『ごめん、愛してる』の韓国ロケーション撮影を行う予定だ」と明らかにした。

坂口健太郎は最近「重版出来!」「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」「東京タラレバ娘」などのドラマに出演し、日本の次世代スターとしてその名が浮上している。“イケメンの代名詞”であるソ・ガンジュンに似た顔で“日本のソ・ガンジュン”として話題を集めた完璧なルックスの持ち主で、韓国でも多くのファンが存在し、韓国訪問を待つファンが多い。
引用元

日本のソ・ガンジュン。

ソ・ガンジュンさんは韓国の俳優5人で構成されたアイドルグループ5urpriseのメンバーです。

こんな男性です。

ここで坂口さんとソ・ガンジュンさんを並べてみると……。

確かに似てる!!!

また他にも、韓国の人気俳優であるパク・ソジュンさんとも似てるって言われてます。

坂口さんも単に「イケメンだった」というだけで韓国で人気になったわけではなく、「塩顔男子」が「韓国の人気俳優」と似たタイプの顔だったからこそだったんでしょうね。

坂口さん、韓国語を覚えたらますます人気が爆発するんじゃないでしょうか。

といったところで、今後の国際的な活躍にも期待しつつ終わりにしようと思います。

それでは!

関連記事:坂口健太郎の現在の彼女の噂は?高畑充希やmiwaとの関係とは。


Sponsored Link

こちらの記事も読まれてます!

オマケ記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ