• このエントリーをはてなブックマークに追加

チュートリアル福田の病気・膵炎がヤバイ!酒とストレスが原因か?

この記事の所要時間: 815

今回は、チュートリアルの福田充徳(ふくだ みつのり)さんの「病気」について具体的に調べてみました。

福田さんは以前に「激やせした」って噂になった事が合ったんですが、実は「急性膵炎」が原因だったとも言われています。

というわけで、そんな周辺情報も含めて詳しくお伝えします。

Sponsored Link

チュートリアル福田充徳の「激やせ」について

まずはそもそも、福田さんが病気によってどんな状態に陥っていたのかについて見てみます。

こちらが福田さんが痩せる前の福田さん。ご覧の通り、顔に丸みが感じられます。

そしてこちらが、アメトーークに出演した時に「痩せたな・・・」と言われてる状態の福田さん。ひと目見て「ヤバイんじゃないのこれ」って言いたくなります。

痩せる前と比較すると、髪型にすら元気がないのがお分かり頂けるんじゃないでしょうか。

なんか元々の福田さんがパンパン過ぎたって声もありましたが(笑)

福田さんが激やせしていたのは2011年頃。結構昔の話ですね。

復帰当初は「チュートリアルの福田って書いてなかったら認識できないレベル」とも言われているレベルで激ヤセっぷりが話題になっていましたが、その後順調に回復していった結果、今ではこんな感じに元気になっています。

あれ……あんま変わってないですね。

分かりにくい気がするので、動画でもどうぞ。これは2015年の福田さんなんですが、顔が丸くなってるのが分かりますね。

チュートリアル福田充徳の病気・急性膵炎とは?

福田さんの病気については、Wikipediaにはこんな風に書いてあります。

2011年1月10日に急性膵炎に罹り入院し、1月28日に退院した後もしばらく療養。激やせしたがその後は順調に回復、2月24日の『笑っていいとも!』(フジテレビ)より復帰している。

激やせの原因は「急性膵炎」。

膵炎って膵臓の病気なので、あんまり馴染みがないような気がしますが、実は年々増えているらしく、非常に要注意な病気です。

急性膵炎は特に中高年の男性に多い病気らしく、膵臓が軽く腫れるだけで割とすぐに回復する症状から、多臓器不全を起こして死に至る重症なケースまで色々あるらしいです。

膵臓さんは実は臓器の中でも極めて重要な働きを担っていて、

膵液と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管に送り込む

という働きをしてくれています。

・食べ物を消化するのに必要な消化酵素を含む「膵液」を分泌する
・インスリンを分泌して血糖値をコントロールする

という事で、膵臓さんが働かなかったら食べ物をまともに消化できませんし、消化酵素が変な働きをして自分自身を消化し始めると、心臓や肺や肝臓などの重要な臓器にも重大な障害を生じさせる可能性があります。

私は専門家じゃないのでよく分からないんですが、言ってみればこの「消化具合」によって軽症と重症が変わってくるのかもしれません。

膵臓さんがちょっと自分を溶かすぐらいなら軽い炎症で済みますが、膵臓さんが自分を溶かして穴が空いて、その消化酵素が体の内部に行き渡るととんでもない事になるイメージですかね。

そういや急性膵炎以外にも、例えば「膵癌」なんて自覚症状が無いから気付いた時には手遅れになってるケースも多いって聞いた事がありますし、こんな風にも言われているようです。

5年生存率は部位別がんのなかで最下位(5%)であり、治療がきわめて困難な癌の一つである。
引用元

さて話を戻して、福田さんがかかった急性膵炎の場合は膵癌程度ではなく、その死亡率は軽症~中等症の場合は数%程度だそうです。

福田さんの場合は発症後に入院して2週間ちょっとで退院していますので、重症にはならずに済んだようです。(ちなみに、重症の急性膵炎の死亡率は10%程度だそうです)

急性膵炎の原因

急性膵炎の一般的な原因としては「膵臓に大きな負担をかける事」で、こんな風に言われます。

膵臓にとって大きな負担になるのが、暴飲暴食や刺激の強い食べ物や飲み物などです。普段から満腹まで食べている人や、アルコールを飲む人は注意です。
引用元

暴飲暴食や刺激強い食べ物や飲み物。

「少量のお酒は体に良い」とも言われるものの、実はアルコールは膵臓に大きな負担を与える飲み物の代表格らしく、健康を考えれば決して体に良いとは言えません。

まあ、だからと言ってちょっと飲んだだけで急性膵炎のリスクが高まるというものでもないと思われますので、何事も「ほどほどに」って事でしょうね。

さて、福田さんは自身の急性膵炎の原因については2014年9月27日の「キョートリアル!コンニチ的チュートリアル」の中で「飲酒」とハッキリ認識されています。

お笑いコンビ・ティーアップの前田勝は、6度目の膵炎での入院を行っていると知らされた福田は、「もう、6回目やからな。完全に慢性膵炎です」と語っていた。

さらに、「慢性膵炎になってるのは、前田さんと、(中川家・)剛さんやな。急性になったのは、次長課長・河本さん、俺、ひびき師匠」と、急性・慢性膵炎となった芸人を挙げていた。

やはり多くの芸人が酒を飲んでいるようで、前田に関して「今でも飲んでるって言ってたしな」と、原因は多飲であることを指摘していた。「前田さんもお酒を控えて、健康になっていただきたいですね」と、同じ病を経験した身からアドバイスしていた。
引用元

という事で、暴飲暴食とか酒の飲み過ぎは「膵臓」が大変な事になるので気をつけましょう!

大抵は肝臓に悪いとはよく言われますが、実のところ膵臓の方も相当ヤバイって事ですね。

っていうかお笑い芸人の人達、急性膵炎とか慢性膵炎とか多すぎるんでは……。お酒が大好きなのか、ストレスを避けたいと思っているのか。

ちなみに「6度目の膵炎で入院している」と半端ない事になってる前田勝さんはこんな方です。(左)

年齢は50歳ぐらいのはずですが、お爺ちゃんみたいですね。

急性膵炎を治療する為には当然、「大きな負担がかかっていた膵臓を休ませる」必要がありますので、その治療は飲まず食わずが基本になるようです。

もちろん症状が落ち着いた後も膵臓に負担を掛けないような脂肪分を避けた食事などを摂っていく必要があるので、急性膵炎にかかるまで暴飲暴食をしていた人は自然と痩せていく事になります。

前田さんも入院して8キロぐらい痩せたらしいです。

強制的にダイエットできるけど全く嬉しくない!!

Sponsored Link

チュートリアル福田充徳が酒を飲み過ぎた理由は?…コンビ格差から「死にたい」と思っていた

というわけで福田さんが激やせした原因は急性膵炎であり、その原因は「酒の飲み過ぎ」によって膵臓に負担を掛け過ぎたせいだったわけですが、じゃあなんで福田さんはそんな酒を飲んでたんでしょうか。

調べてみると、単に「酒が大好きで飲み過ぎた」というだけではない事情もあったみたいです。

2017年5月21日に「八方・陣内・方正の黄金列伝」に出演した時には、福田さんはこんな過去のエピソードを語っています。

2001年に行われた漫才コンテスト「M-1グランプリ」で審査員のダウンタウン松本人志から最低点の50点を付けられ、解散も覚悟したことを明かした。コンビはその後、06年のM-1で優勝したが福田は徳井に置いていかれ「死にたい」と考えたことを明かした。

(中略)

M-1で優勝し、テレビの仕事は増えた。しかし、テレビに出ても爪痕を残すことはできず、苦しい日々が続いたという。そんな状況にあってボケ役の徳井には少しずつレギュラー番組が増えていった。しかし、福田は「ツッコミはMCの方に任した方がいい」という考えから徳井がボケてもツッコむことはできず、「今日一日、なんにもしてない」という思いにとらわれ、「つらくてつらくて」と振り返った。

「現実逃避するために酒に逃げた」と福田は話し、昼間から酒におぼれるようになったという。ついに福田は収録の合間に酒を飲んでしまい、徳井は「これはあかんと思って」と福田と話しあったことを述べた。「横山やすし師匠みたいに破天荒なキャラでいくならいけ。コンビやし、乗っかる。その覚悟がないならやめてくれ」。福田に思いの丈をぶつけた。

福田は「ごめん」と謝罪。徳井はその夜にマネジャーからメールがあったことを述べた。福田のメールを転送したもので、そこには「おれは、死にたい」と書かれていた。福田は「つらかったです。何もできないし」と思うようにできなかった日々を振り返った。
引用元

福田さんが相方の徳井さんに置いて行かれ始めたのは2006年で、急性膵炎にかかったのは2011年なので、大分期間が空いてはいるんですが、一時期は「死にたい」という気持ちと現実逃避の為に酒を飲みまくっていたと。

もしかしたら、そういったコンビ格差によるストレスでの暴飲も福田さんの膵臓への大きな負担になっていたのかもしれませんね。

ただその後2人の関係がどうなったのかというと、2016年には徳井さんが「福田さんのプロポーズに立ち会った」とも話していますので、コンビ間のわだかまりみたいなのは解消されたのかもしれません。

是非その辺りの話も詳しく聞きたいところですが(笑)

といったところで、今後は福田さんも奥さんの為にも健康を意識する必要があるわけですから、再び急性膵炎に掛かる事は無いと思います。

是非健康的な生活を送ってもらいたいですね!

それでは!


Sponsored Link

こちらの記事も読まれてます!

オマケ記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ