• このエントリーをはてなブックマークに追加

ナジャ・グランディーバの素顔と本名は?大学についても調べてみた。

この記事の所要時間: 837

今回は、色々とインパクトのあるナジャ・グランディーバさんについて調べてみました。

ナジャさんは「女装家」という事で、その素顔が気になっている人が多いようですので、本名や大学などの情報も含めて色々と探ってみました。

個人的な情報が「探しても全然見つからない」って話題になっていますが、実際どうなんでしょうか?

というわけで早速どうぞ。

Sponsored Link

ナジャ・グランディーバの素顔とは?

Wikipediaを最初に確認すると、ナジャさんの素顔や本名は完全に非公開。出生地も非公開と色々分からない事づくしです。

生年月日が1974年4月10日という事と、そこから年齢は43歳って事はわかってるんですが、それ以外は全く不明。

謎多き男性ですね。

ナジャさんの経歴についてはこんな風に書いてあります。

女装家となったきっかけは、大学受験のために移住した大阪で、夜遊び向けのファッションに夢中となったからとされる。現在は大阪市北区兎我野町にあるゲイバー「do with cafe」で働いている他、関西を中心にドラァグクイーンとして活動している。
引用元

ドラァグクイーンについて

まず「ドラァグクイーン」って何だよって話なんですが、

男性が女性の姿で行うパフォーマンスの一種。
(中略)
ドラァグクイーンの起源は、男性の同性愛者が性的指向の違いを超えるための手段として、ドレスやハイヒールなどの派手な衣裳を身にまとい、厚化粧に大仰な態度をすることで、男性が理想像として求める「女性の性」を過剰に演出したことにあるといわれる。
引用元

だそうです。

ナジャさんのド派手な衣装や厚化粧している事自体が言わばドラァグクイーンとしてのあり方であり、一種のパフォーマンスだと見る事ができそうです。

ちなみになんか歴史がありそうな雰囲気がある言葉なんですが、この言葉が誕生したのは1941年と割と新しいです。ドラァグクイーンは元々はゲイの人がメインだったようですが、近年では「男性の異性愛者や女性」が行う事もあるんだとか。

まあ、ナジャさんの場合は「ゲイバーで働いてる」って経歴に書いてある以上、ゲイなんだろうとは思います。

せっかくなので海外のドラァグクイーンも調べてみると、この方なんかは男性っぽさがまだ残ってるんですが、

この人なんてもう女性にしか見えないんですけど。オーストラリアの有名なドラァグクイーンである「コートニー・アクト」さん。

「嘘つけ女性だろ」って言われそうなので、証拠も残しておきます。本名はShane Jenek(シェーン・ジェネック)さんです。声も女性っぽい。

ドラァグクイーンも色々いるんですね。ちなみに改めて確認すると、ナジャさんはこちらになります。つよそう。

というわけでナジャさんの話に戻ると、ナジャさんが働いているというゲイバー「do with cafe」はこちらになります。

>do with cafe

店に所属しているドラァグクイーンとして確かに確認する事ができます。ただし、出勤スケジュールを確認するとやっぱり忙しいのか、私が確認した時点ではナジャさんの名前はありませんでした。

「do with cafe」ではドラァグクイーンの熱いおもてなし以外にも美味しいお酒と料理も提供されていますので、興味があれば新しい世界を体験してみるのも良いかもしれませんね!

婚礼パーティーなんかもできるようですので、きっと忘れられない思い出になると思います(笑)

Sponsored Link

ナジャ・グランディーバのすっぴん画像

大学受験の為に大阪に移住し、そして何故かドラァグクイーンの世界へと進んでいったナジャさん。

その経緯については、2015年11月放送の「ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」の中で詳しく語られています。

そもそものオネエ系の道へ進むきっかけとなったのは、ゲイ雑誌の文通欄で知り合った人に連れて行かれたゲイバーだったそうです。

文通相手の男性とゲイBARへ向かうと店内にはイケメンが多くおり、それまでゲイのイメージといえばおすぎとピーコだったナジャにとっては新鮮だったという。そして店で話していると、その店のママに「あんた面白いから明日休むうちの店の子に代わって1日手伝って」とスカウトされたのだと話した。その店はゲイの人達が出会いを求めてくるバーだったため女装はしていなかったという。
引用元

また、ナジャ・グランディーバという豪華な名前の誕生秘話についても話されています。

働いていたバーの界隈では変な名前を付けるブームがあり、店のママからは「ブス子」を提案された。だが、ナジャは反抗し、当時好きだったスーパーモデルから取って「ナジャ」という名前をつけたという。一方の「グランディーバ」の方はもっと後についたと語った。

ブス子は酷い(笑)

で、「当時好きだったスーパーモデル」が気になったので調べてみると、「ナジャ・アウアマン(Nadja Auermann)」というモデルさんがいたようです。

こちらのナジャさんは「世界一脚の長い女性モデル」とも言われていて、身長180cm、股下180cmもあるんだとか。

do with cafeの紹介にもあるナジャさんの名前のつづり(NADJA)とも一致してますので、多分このモデルさんが名前の由来になってるんだと思います。

グランディーバについては各所で由来が説明されていますが、英語のgrand(偉大な)とdiva(歌姫)をくっつけた名前なんだとか。

「グランディーバ」でググると「グランディーバ バレエ団」という、男性だけで構成されたバレエ団が出てきたので、その辺りもちょっと意識されているのかもしれません。

ナジャさんのすっぴん画像については、これがそうだってそこら中で言われています。

というかこれ以外の画像は一切出てこないレベルなんですが、一体一番最初はどこから出てきたんでしょうか?

ナジャさんいわく「マッチョな方が男性にモテる」との事で、確かにあのガタイの良さでこの爽やかフェイスだったら男性にもモテそうな気がします。

本名と大学は?

で、肝心の本名と大学なんですが……手がかりが少なすぎて何も発見できません!!

強いて言えば「ゲイ雑誌の文通欄で使っていたペンネームが『ビーチサンダル』だった」というのは1つの手がかりになるかもしれませんが、流石にそこまで探っていくのは無理ゲーです。

少なくとも大学受験の為に大阪に移住している事、そして普通に関西弁を喋っているらしい事を考えれば、関西圏の出身だという事も推測できます。

何やらテレビ出演している時のコメント力だとか頭の回転の速さなどから、「もしや高学歴なのでは?」といった意見もあるようですが……。

というわけで残念ながら何時間か調べてもさっぱり分からなかったので、ナジャさんに関係するコメントを集めた結果だけご覧ください。この不完全燃焼感。

コメントはこちらから引用させてもらってますので、より詳しく見たい場合はどうぞ。

この人は独特な関西弁だよね。

『基本何食べてんの?』(うろ覚え)
『ハンバーグ』
有吉とまあさの番組で言ってたこれまじで笑ったwww

全然おいしくなさそうな、青い食べ物を口一杯に頬張ってる写真が好き

福岡県民の女子なら1度は観たことある『クロ女子白書』ってあるんですが…。
えげつない下ネタとか女の暴露話をしてる番組なんだけど、それにナジャさん出てるのね。

少し思ったけど、多分この人女もイケるゲイだと思う。おっ○い好きって言ってたし。そういう意味で。

この状態(すっぴん)の時にバーでお話ししたことあります。

10年くらい前に大阪のゲイバーのカウンターで隣の席になり、ナジャさんだとこっそり教えてもらいました。
その頃はテレビはまだ出ていなかったけど有名なドラァグクイーンでしたから知っていました。

とても気さくに話してくれて、とても感じのよいイケメンでした。

最初にナジャさんを知ってネットで検索した時、ゲイじゃなくてストレートだって紹介文見たんだけどなぁ。

いつの間にかゲイになってて、テレビの言動でもそんな感じだし、やっぱりバイなのかな?

すっぴんの時はさんまの番組で中川家の礼二に間違えられるって言ってたの印象深かったー

プライベートでは女装してないし、モテるために鍛えてるんだよね。

すっぴん姿を大阪駅で見かけたけど
ガタイ良いし背も高くてイケメンだった。

女装は仕事でプライベートはオッチャンだと言ってたwかっこいいゲイだな〜でもネコなんだってね

衣装は服飾専門学校の生徒さんに作ってもらったりするから予算はリーズナブルに抑えられると前に言ってた。

いつもナジャさんはテレビ出演の帰り
「自分はテレビ向きじゃないなー」と落ち込むそうです。
テレビで求められてるコメントを言わなければならない
既定路線に乗っかるのがしんどいみたいなお話をされてました。

結構これだけでも情報量がありますね。あくまでも女装をするのは仕事の一貫で、プライベートでは普通のおっちゃんだとか(笑)

どうやらガタイの良いイケメンらしいので、ナジャさんの素顔を知らない限りは見ても気付かないと思います。

ちなみにこちらが約20年前のナジャさんだそうです。やっぱり強そう。

といったところで、一見するとナジャさんは半端ない雰囲気を持っていますが、その中身は非常に常識的で気遣いのできるイケメンである事が分かりました。

最後にナジャさんのドラァグクイーンとしてのパフォーマンスをご覧ください。何かと絶賛されているリップシンク(口パク)テクニックが確認できます。

それでは!


Sponsored Link

こちらの記事も読まれてます!

オマケ記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ