• このエントリーをはてなブックマークに追加

坂上忍の演技の上手い・下手について。評価はどんな感じ?

この記事の所要時間: 545

今回は(も?)、坂上忍さんの演技力の評価について色々と調べてみました。

3歳になる前から劇団に所属し、そして幼い頃には「天才子役」とも呼ばれていたと言われる坂上さん。

現在ではキッズアクター(子役)を育てるエキスパートとして芸能プロダクション「アヴァンセ」を経営するなど、「育成」の方面にも力を入れています。

というわけで、そんな坂上さんの演技は上手いのか下手なのか、その評価や評判について見ていきたいと思います。

Sponsored Link

坂上忍の子役時代の演技について

幼い頃は天才子役の名をほしいままにしてきた坂上さん(ただし、誰が天才子役と呼んでいたのかは不明)ですが、劇団に入った当初はレッスンに通うのが嫌で仕方なかったそうです。

アヴァンセの「ごあいさつ」のページでは、坂上さんは幼い頃の自分自身についてこんな風に書いています。

しかし物心ついた頃には、わたしは芸能界などには興味がなく
劇団のレッスンに通うのが嫌で嫌で仕方がありませんでした。
わたしは劇団では劣等生で、ほとんど廊下で立たされていました(笑)。
その一方で、オーデションはほとんど受かっていました。
引用元

「劇団では劣等生だったけど、オーディションにはほとんど受かっていた」

ある意味自慢のようにも聞こえますが、恐らくは「レッスンが嫌で仕方なかった」からこそ、

実際の撮影現場で求められる顔は
まさに【その子らしさ】であり、【子供らしい顔】なのです。

といった「撮影現場で求められていた子役の条件」を満足する事ができたんだと思います。

まあ、坂上さんが幼い頃に天才子役だったかどうかはともかく、「オーディションにほとんど受かっていた」という言葉からは確かに子役として高い評価を受けていた事が窺えます。

ところが、子役時代の坂上さんを知っていると思われる人から見れば、決してその演技力の評価は高くないようです。

・坂上忍さんって偉そうな事言ってるけど、子役時代超下手くそでしたよね。(まあ昔の子役なんてみんな下手くそで、泣きの演技なんて「エーン エンエン」で通用してた時代だけど)。恥ずかしくないのかなあ。

・坂上忍なんて子役としては全然ダメでしょ。へたへた。

・このドラマ(ふしぎ犬トントン)での演技にも注目してたんだけど、 なんか、がっかりした記憶しかないんだよね。

何とも微妙な評価ですが、こういった意見を眺めていると「演技が上手い」という評価については「子役としては」という枕詞が付きそうな予感がひしひしと感じられます。

ちなみに演技力の高い子役として印象に残っている人の名前としては例えば「芦田愛菜さん」とか「安達祐実さん」あたりの名前が挙がってたりしました。

実際坂上さんがどんな子役だったのかについて興味があれば、こちらの動画をご確認頂ければと思います。

>坂上忍の子役時代(※YouTubeの検索結果)

Sponsored Link

坂上忍の演技は上手い?下手?

というわけで天才子役時代の演技力の評価も決して高いようには思えない意見が多かったわけですが、その後の坂上さんに至っては尚更何とも言えない評価が目立ってきます。

その一部の声をご紹介しましょう。

大体は「真昼の悪魔」に出演した時のツイートになるわけですが、何というか普通に意見が真っ二つに分かれてますね……。

普通に「上手い」と感じる人もいれば、「演技指導できるレベルにはないんじゃないか」と感じる人もいるようです。

(ただ、演技指導する人が必ずしも演技力が高い必要があるかって言うと、その辺は「どんな演技力が求められているか」を客観的に見る目と演技に関する理論さえ知っていれば良さそうな気がしますので、あんまり関係無いんじゃないかと思います)

まあ何にせよ、坂上さんは自身のスクールで相当きつく子供たちを指導している事が知られていて、指導で泣いちゃう子もたくさんいるらしいですから、そういう事を知っていると、

「子供にはあんなにキツく当たってるくせに、自分は大したこと無いんじゃないか」

と坂上さんに対して反感を覚える人がいるのも仕方無いかもしれません。

最後におまけとして、坂上さんが出演していたCMの動画をご紹介して終わりにしたいと思います。

これを持って演技力がどうこう……と言いたいわけではありませんが、1つの参考にはなるんじゃないかと(笑)

それでは!

関連記事:坂上忍の子供の頃について。子供好きの噂の真相は?

関連記事:坂上忍の彼女は宝塚の女優?結婚の噂とは。


Sponsored Link

こちらの記事も読まれてます!

オマケ記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ