• このエントリーをはてなブックマークに追加

藤原さくらに耳たぶがない理由と、父・藤原宏二について調べてみた

この記事の所要時間: 540

今回は、シンガーソングライター・藤原さくらさんについて。

藤原さんの耳の形が変だとか、耳たぶが切れてる?とか色々言われてるようですので、その理由について色々と調べてみました。

また、藤原さんの父親である藤原宏二さんに関する情報も詳細にまとめてみました。

というわけで早速どうぞ。

Sponsored Link

藤原さくら耳たぶがない理由

何故かGoogleさんとかで調べると、藤原さんの「耳」とか「耳たぶ」が気になっている人が多い事が分かります。

Googleに至っては「奇形」って予測キーワードが出てきますからね……。

というわけで早速画像を確認してみましょう。こちらになります。

確かに耳たぶが無いっていうか切れてるっていうか、「本来あるべきところにあるものが無い」ような印象を受けます。

まだ上の画像ならちょっと分かりにくいかもしれませんが、こちらの藤原さんの耳はどうでしょうか。

ピアスかイヤリングかは分かりませんが、言われてみれば確かに非常に気になりますね。「奇形」とまでは流石に言いませんが、やはり「耳たぶがあるべき場所に無い」という印象を受けます。

ちなみに一般的な人がイヤリングを付ける位置がこちらになります。

ところで話題になっているのが藤原さんの「左耳」ばっかりだったので「右耳」はどうなのかと思って調べてみたところ、そっちは全然普通に見えます。

という事は、私としては何か理由があって左耳だけ形が変形したんじゃないかと思ってしまうわけです。

なぜ「耳たぶ」が無いのか?

「耳たぶが無い」って表現が合っているのかどうか分かりませんが、一応藤原さくらさんの左耳の形が微妙な理由について調べてみました。

……が。

肝心の情報が全く見当たりません。

色々と調べてみても藤原さん個人の情報に関しては「耳の形が特徴的ですね、人によってはチャームポイントみたいです」ぐらいしか見当たりませんでした。

ただ、一般的な事例として「片耳の形がおかしい」という症状の原因について調べてみると、例えば

「片方ばかり向いて寝ているせいで耳の形がおかしい」

というのは赤ちゃんの時点ではよくある事みたいです。

更には人によっては左右で耳の形が異なるのは「普通」らしく、1cmほど耳の大きさが違ったとしてもそれは正常の範囲内なんだとか。

……という風に考えていくと、藤原さんの場合も普通に「生まれつき」で耳の形が違うだけで、特別な原因なんて無い可能性もあるかと思います。

何か出来事が原因で耳の形が変わった、とかの方が記事的には面白いんですが、現実的に考えれば

「生まれつき左右の耳の形が違う人は普通にいるので、藤原さくらさんもそのケースに当てはまる」

という事になりそうです。

藤原さんの場合は形が左右でかなり違う上に、左耳の形が「変」(と言っては失礼かもしれませんが)なので、それで特に話題になったという事だと思います。

藤原さくらの父・藤原宏二について

藤原さくらさんの父親である「藤原宏二(ふじわら こうじ)」さん。

1962年生まれの55歳で、多分、福岡県福岡市出身だと思います。(中学校が福岡市なので)

こんな感じの気の良さそうなおじさんです。

次女である藤原さくらさんと一緒に演奏をしている姿がこちらになります。

藤原宏二の経歴

そんな宏二さんの経歴を簡単にまとめると以下のようになります。Facebookのページに経歴が全てまとめられていたので、詳しい情報に関してはこちらを確認して頂ければと思います。

<中学時代>
・福岡市立警固(けご)中学校卒業。
・中学時代にフォークギターに出会う。
・中学3年の時にポール・マッカートニーのベースに惚れてベースを始め、同時期に3人でバンドを組む。

<高校時代>
・福岡市立福岡商業高校(現・福翔高校)に入学。
・高校入学後「トータス・ヘッド」を結成し、コピーバンドとして開始。
・高校2年の時からオリジナル曲を作り始める。

<高校卒業後>
・プロを目指す為フリーターになる。
・バンド名「パラドックス・ターキー」でしばらく活動。
・「Messengers」を結成し、4曲入ったカセットを販売。
・25歳の時に上京し、幾つかのバンドを経て「たけのうちカルテット」のベースとして加入。
・TBSテレビの「イカ天」にも出演。
・デビューの話もあったが、バンドブーム終了に伴って立ち消えに。
・父親の体調不良を機に福岡に戻る。

・29歳で就職し、その後高校時代の同級生と結婚。
・1992年に「Small Circle of Friends」に加入し、メジャーデビュー。
・東京進出の話が出るも、次女(さくらさん)が生まれた直後だった為、福岡に残る事を決意。

・サラリーマンを辞め、スイーツのお店である「spoonful & osaji」を夫婦で経営。

※こんなお店です。

>「spoonful & osaji」のHPはこちら

・お店が軌道に乗った後、音楽活動を徐々に再開。
・現在はさくらさんのサポートをメインに活動中。

・・・

というわけで、プロのバンドマンになる為にフリーターになったり、その後サラリーマンとして会社に勤めたり、やっぱり会社を辞めてメジャーデビューしたり、奥さんがやり始めたスイーツのお店の経営を一緒に手伝ったり、と思ったら娘であるさくらさんがプロになって今度はそのサポートをやったり……と、その外見のイメージとは異なって相当色々な経験を積んだお父さんみたいです。

なんというか相当エネルギッシュですね(笑)

当然ながら次女のさくらさんはそんな父親の元で育った結果、当然ながら楽器と触れ合う機会を得て、それをきっかけに「シンガーソングライターになりたい」と思い始めたわけです。

宏二さん(プロのベーシスト)がきっと積極的にサポートしてくれたんでしょうから、それだけ環境にも恵まれていたとも言えると思います。

というわけで藤原さくらさんの父・藤原宏二さんについてでした。

中々自由な人生を送っていて、結果的に一番最初の目標(?)も達成していますので、何というか羨ましいですね!

最後に藤原さくらさんの「かわいい」を貼って終わりにしたいと思います。

(「かわいい」って検索キーワードがあって、なにかと思って調べたら普通に歌のタイトルだったという話です(笑))

それでは!


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ