• このエントリーをはてなブックマークに追加

野村周平の中国語が上手いのは何故?高校と大学についても詳しく調べてみた

この記事の所要時間: 61

俳優・野村周平さんと中国との関係、および中国語が上手い理由について調べてみました。

また、野村さんの通う「大学」が気になっている方も多いようなので、それについても詳しくお伝えします。

先に言ってしまえば、「ある理由」があって大学へは進学しない事を決めたんだそうです。

プロフィール

本名:野村 周平(のむら しゅうへい)
生年月日:1993年11月14日(23歳)
出生地:兵庫県神戸市
身長:175cm
血液型:AB型
職業:俳優
事務所:アミューズ

芸能界入りのきっかけ

2009年6月、高校1年生の時に父親に勝手に「2009 THE PUSH!マン ~あなたの周りのイケてる子募集~」というオーディションに応募され、そのままの勢いで応募者30000人以上の中からグランプリに輝いてしまった野村さん。

完全に不意打ちで応募されてしまった為、ある日突然一次審査合格のメールが届いたんだそうです。「THE PUSH!マン」は完全「他薦」のオーディションで、以下のように部門が分かれています。

【歌部門】
  年齢:13歳~22歳   性別:男女   歌がうまい人やイケてるシンガーソングライター
【バラエティ部門】
  年齢:13歳~22歳   性別:男女   超ウケル!“テレビに出さずにいられない”人
【〔俳優・ルックス部門】
  年齢:12歳~19歳   性別:男女   あなたの周りにいるカッコいい&カワイイ子
引用元

恐らく野村さんの父親が応募した部門は【俳優・ルックス部門】。父親の「賞金出るみたいだから」の発言を聞いて、「それなら協力しよう」と軽い気持ちで挑戦したのが始まりだったそうです。グランプリの報酬は「TV・映画への出演、雑誌モデル、CM出演」など様々な活動に加え、得られる副賞は100万円

※15歳の時の野村さん。嬉しそうですね。
nomura

つまりは最初から俳優をやろうと考えていたわけではなく、最初はお金目当てだったと…。

ちなみに野村さんはスノーボードも大の得意で、このオーディションを受ける以前には数々の大会での受賞歴もありますので、俳優になっていなければスポーツマンへの道を進んでいたかもしれませんね。

2006年2月(12歳) 琵琶湖バレイANARCHY BOADERS PARTY 3位
2006年3月(12歳) 余呉高原SS大会 2位
2006年4月(12歳) DRAGON DDT 特別賞
2007年3月(13歳) willcom zero3 SS challenge 優勝
引用元

更には「BMX」(競技用自転車)もプロ級の腕前などとも言われていて、「ボイスパーカッション、DJ、野球など」も得意…と、非常に女性にモテそうな特技を一通り網羅されています。これはヤバイですね。

中国との関係

野村さんは外見的には完全に日本人ですが、実は4分の1は中国人の「クォーター」です。

nomura

何でも祖父が兵庫県神戸市中央区にて中華料理店「東光」を営んでいるんだとか。料理も非常に本格的で美味しいらしいので、近くに行く機会があれば寄ってみてはいかがでしょうか。

(ついでに父親の方はお好み焼き屋を経営しているとの情報もあり、その影響で野村さん自身も料理が得意なんだとか)

tyu

そんな感じで祖父母のどちらが(元)中国人かは分かりませんが、その影響もあって野村さんは中国語がかなり得意なんだそうです。

…と聞くと「お祖父さんから中国語を習ってたのか?」と考えてしまいますが、実際は野村さんが中学生から通い始めた学校に秘密があります。

その学校の名前は「神戸中華同文学校」。名前の通り中華系の学校で、

同文学校は小1から中3まで中国語を教え、社会、英語、算数、図工など日本語科の授業以外全て中国語で行う。
(中略)
高校受験を控えている中学部は、日本が発行している教科書を採用し、テストなども日本語で行っているが、授業は中国語で行われている
引用元

こりゃぁ普通に考えて中国語ペラペラにもなりますわ…。野村さんが中国語を話してる動画も見つかりましたので、興味があればこちらも是非。

Sponsored Link

野村周平の高校・大学は?/h2>
nomura

高校について

野村さんの通っていた高校については、すでに色々なブログにも書いてある通り「芸能人と言えばこの高校」という堀越学園である事が判明しています。

オーディションに合格したタイミングで俳優として身を立てていく為、地元の高校からこの高校へと転校したんだそうです。

ちなみに野村さんは映画「クジラのいた夏」のインタビューにて、青春時代について次のように話されています。

――ご自身の青春時代はどんな感じでしたか?

高校一年生までは兵庫県にいて、高2で東京の高校に転校しました。高1の頃は恋もケンカもしましたし、僕がいざ東京出てくる時は送別会をしてくれました。神戸での高校生活はほんとうに青春していたなと思うんですけど、東京では、仕事を初めていたこともあり兵庫の時のような青春ではありませんでした。なので、映画に出てくるような、仲のいい高校時代の友だちというのに憧れますね。
引用元

高校1年の時、野村さんには付き合っていた彼女がいたそうですが、上京して遠距離恋愛となってからは残念ながら自然と気持ちも離れて破局を迎えたそうです。今でもほろ苦い青春の思い出として記憶に残っているんだとか。

上京後の生活はすんなり自分に馴染んだそうですが、仕事と学生生活の両立はやはり大変だったのか「深い交友関係」を築くのは難しかったようです。高校時代は神木隆之介さんと仲が良かったそうです。

※堀越学園時代の卒アル画像。非常に豪華なメンバーです。
nomura

大学について

野村さんは大学へは進学していません。

高校時代に役者として壁にぶつかり、仕事が少なかった時期があった事から一時は俳優の道を諦めて地元に帰ろうかとも考えていたそうです。

が、そこで「ここで辞めたら負け犬だ」と一念発起し、大学に進学せずに役者一本で頑張っていこうと決意を改めます。その結果、仕事の依頼も増えて上手く回り始めたんだとか。

この時の事について、野村さんは以下のように語っています。

「真剣に仕事と向き合うことで、自分の芝居への姿勢や撮影現場での態度が変わり、周りが徐々に認めてくれたのだと思います」

普通だったら諦めそうなところで、一歩踏み出して「真剣にやっていこう」と決断する。野村さんの精神的な強さが窺えますし、私自身も見習いたい考え方ですね。

といった辺りで野村さんの性格の一端もお伝えしつつ、そろそろ長くなってきたので終わろうと思います。

今後の野村さんの活躍にも大いに期待したいですね!

それでは!

関連記事:野村周平の熱愛彼女の噂まとめ!インスタ事件や広瀬すず等との関係は?


Sponsored Link

こちらの記事も読まれてます!

オマケ記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ