• このエントリーをはてなブックマークに追加

武井咲の性格は本当に悪いのか?元ヤン疑惑の真相についても調べてみた!

この記事の所要時間: 726

今回は、武井咲さんの性格が個人的に気になったので、過去のエピソードや発言などから具体的に調査してみました。

少し調べてみれば、「生まれ変わったら韓国人になりたい」と言うほど韓国が好きなんだそうです。

現在では数々のドラマや映画、CMなどに出演されている武井さん。

そんな彼女の本当の素顔は、実際には一体どんな感じなんでしょうか?

Sponsored Link

武井咲のプロフィール

武井咲

本名:武井 咲(たけい えみ)
生年月日:1993年12月25日(23歳)
出生地:愛知県名古屋市
身長:163 cm
血液型:A型
趣味・特技:バスケットボール
事務所:オスカープロモーション

名前はパッと見だと「さき」と読んでしまいそうですが…

「咲という漢字は、昔は「笑み」という意味で使われていたので、当て字じゃないんです。花が咲くように、笑みが絶えないようにという意味で、付けてくれたと聞いています。」

と本人がインタビューで語っている通り「えみ」です。
(初見で正しい読み方が出来た人は天才だと思います)

武井さんは13才の時に第11回全日本国民的美少女コンテストに応募し、「モデル部門賞」および「マルチメディア部門賞」を受賞したのをきっかけに芸能界入りし、最初はモデルとしてデビューします。

このコンテストの応募を最初に勧めて来たのは父親だそうで、それを見て自分で応募しようと決断したんだとか。

所属はオスカープロモーションなので、噂の(?)剛力彩芽さんと同じ事務所です。

オスカープロモーションと言えば「ゴリ押しの売り出し」で知られている印象が個人的にはあるんですが、調べてみたらそれにも理由があるようです。

曰く、「国民的美少女コンテストそのものが強力なコネクション構築に一役買っている」とのこと。

後援がエンタメ業界。そのまま出演交渉できます。
協賛が一流企業。そのまま企業広告に採用願いできます。
有名雑誌が審査協力。そのまま雑誌掲載で宣伝してもらえます。
引用元

なるほど…。
だからこそスポンサーの強力が事務所側にとってはより得やすいと言えるわけですね。

とまあ、武井さんもそういった経緯で色々なテレビ番組やCMなどに出演出来る事になった可能性が高いと考えると興味深いです。

武井咲の性格エピソード

それでは前置きはこれくらいにして、武井さんの性格に関するエピソードを見てみましょう。
まずは自分自身の評価から。

性格の自己評価

武井さんとその家族との関係を調べてみると、以下の100問100答がかなり参考になります。

>武井咲の100問100答(※残念ながらリンク切れした模様)

流石に100通りの答えを見るのは疲れると思うので、上記の内容から武井さんの性格に関係する部分だけを簡単にまとめると、

  • 性格は父親似で、人見知りだったり、ちょっと世話焼きだったりする
  • 人の話を聞くのが好き
  • 何もしなくてボーっとしているのが好き
  • ひとりラーメンやひとりカフェも好き
  • ストレスなどは思いきり泣いて発散することもある
  • 人付き合いは「狭く深く」派

といった感じになります。
思ったよりも人見知りの傾向があって、あまり広く浅い付き合いはしないタイプのようです。

他の自己評価には「優柔不断」といったものもあり、その為か好きな男性のタイプは「決断力があって自分を引っ張ってくれる人」とも話しています。

「ひとり○○」が好きなのは自分で周りに提案して出掛けたりするのが億劫なのと同時に、「断られたらショック」みたいな思いもあるんでしょうか?

家族との関係は非常に良好で、両親や妹とも相当仲が良く、大きな喧嘩はした事が無いそうです。

上記のインタビュー自体は武井さんが17歳の時のものですが、父親のパジャマを着ることもあり、靴下を履いてもいいとも思うとも話しています。(ファザコンの気が…?)

他人からの性格評価

次に周囲からの性格評価を見てみます。
他の人は武井さん自身をどんな風に見ているのかと調べてみれば、どちらかと言えば良くない評価の方が多いように思えます。

一例を挙げると、以下の様なものがあります。

グラビア撮影前に衣装を見て「聞いてない!」とダダをこね始めた武井のために、マネージャーが武井とスタッフの両方に平謝りしたことがあったという。撮影が始まってからも、小物を持たされそうになると再び「聞いてない!」と機嫌を損ねてしまったそうだ。また、ドラマの撮影現場でも、控え室から「うるさい!」「少しは寝かせてよ!」という声が聞こえてきたことも。
[メンズサイゾー]

これだけ見ればわがままで自分勝手なイメージ。
ただ、これについては関係者から以下のようなフォローも入っています。

「武井のスケジュールは文字通り、パンパンです。ひどい時は1日30か所の現場なんてこともあるそうです。ほとんど休むヒマなんてないでしょう。近頃はあまりにも忙しすぎるせいで余裕がなくなってしまい、例えば囲み取材などでは心ここにあらずでムスッとしていることも多いとか。そういうことが続いたため、一部から『態度が良くない』などと言われるようになったのです」

「武井が忙しいのは、スタッフも忙しいということ。武井のマネジャーの一人が、疲れがたまってパンクしてしまい、寝坊して現場に来られなかったことがありました。現場で1人になった武井は、噂で言われているキャラに反して、まったく怒ることなく何度も電話を掛け続け、最後まで心配していたそうです」

「多忙の余り精神的ストレスが溜まっていて、ある拍子にそれが爆発してしまった」という可能性が高そうに思えます。

「100問100答」の回答を見ていると、基本的には武井さんは周囲に気を遣うタイプのように思えるので、一概に「性格が悪い」と判断は出来ないと思います。

噂によると武井さん自身は事務所の力で自分が注目されている事を自覚しているそうで、それもあって周囲との関係にはその分注意しているのだとも言われています。

そう考えれば良くない評価が多いのは勿論全てが嘘ではないとは思いますが…いわゆる「武井咲に対するネガティブキャンペーン」である可能性も高いのではないでしょうか。(実際、そういう見方をしている週刊誌もあるようです)

Sponsored Link

武井咲は本当に元ヤンキーだったのか?

武井さんと言えば、性格に関するアレな話だけでなく「元ヤン」としても知られており、昔のそんな感じの画像も流出しています。

それがこちら。

takei_yan

これはひどい。

多分こういった写真も併せて、先に書いたような「女王様対応」が信憑性を増してるんでしょうね。

ただについて好意的な見方をすると、

「ヤンキーの集団の中に一般人が混じってる」

といった印象を受けませんか?

私自身は武井さん寄りの立場なので、「実際には別にヤンキーじゃなかったんじゃないの?」と思ったので詳しく調べてみると…。

どうやらヤンキー集団に所属していたことは事実だったようです。

ただ、実はこれにはやむを得ない事情があったようで、

  • 武井さんが通っていた「当知中学校」は当時、ヤンキーが多い学校として有名だった
  • 芸能活動を始めた武井さんは学校を休む事が多くなり、ヤンキーに目をつけられていじめを受け始めた
  • そのいじめを回避する為にヤンキー集団に自分も入ることにした

とのこと。
これはどうしようもないですね…。

そして更に、当時の武井さんを知っている人物によると、

「タバコを吸ったり喧嘩をするようなところは一度も見たことがない」

との証言もありますので、単にいじめを回避するために「仕方なく」不良集団に所属していた可能性は高いと思います。

基本的に不良の場合は家庭環境に問題がある人が多いとも言われていますので、武井さんの家族との仲の良さを考慮すれば「自ら進んで」とは考えにくいですね。

なのでそういった観点からも、

「不良グループに所属していたのは事実だが、不良行為はしていない」

という説を個人的には推したいと思います。

まとめ

武井咲さんの性格と元ヤン疑惑についてひと通り見てみました。

個人的な考えをまとめてみると、武井さんの性格を一言で言えば

「家族思いで基本的に周囲に気を遣う、根は割と真面目なタイプ」

といった感じなのではないかと思います。

「友人は少ないけど仲が深い」
「舞台の上では緊張した顔を見せる」「家族と非常に仲が良い」

といったエピソードを見ると「人見知り」というのも事実である可能性は高いのではないでしょうか。

スケジュールが多忙なのが気になりますが、体調を崩さないようにこれからも頑張ってもらいたいですね!

それでは!

>武井咲写真集 『 風の中の少女 』


Sponsored Link

こちらの記事も読まれてます!

オマケ記事一覧

コメント

    • 名無し
    • 2016年 7月 15日

    武井咲ウザイ邪魔臭い要らねえ今死ね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ