• このエントリーをはてなブックマークに追加

長澤まさみの性格は良いのか悪いのか?エピソードから考えてみた

この記事の所要時間: 610

数多くのCM、ドキュメンタリー、映画、ドラマなどで女優として活躍されている長澤まさみさん。

そんな彼女の性格について、過去のエピソードなどからなるべく具体的かつ客観的に考えてみました。

テレビや役柄から受ける印象には色々あると思いますが、実際のところはどんな感じなんでしょう?

Sponsored Link

長澤まさみのプロフィール

本名:長澤 まさみ(ながさわ まさみ)
生年月日:1987年6月3日(30歳)
出生地:静岡県磐田市
身長:168 cm
血液型:A型

父親がサッカー元日本代表で、ジュビロ磐田の初代監督だった長澤和明さんだそうです。

2000年、小学6年生の時に第5回東宝「シンデレラ」オーディションに応募して35,153人の中から見事、史上最年少の12歳でグランプリに輝きました。

nagasawa1

第6回のシンデレラオーディションでは同じくグランプリに選ばれた黒瀬真奈美さんに「環境が本当に一変するので自分を見失わないで欲しい」とアドバイスをしていましたので、本当にシンデレラ的なアレだったようです。

と、3万人以上の中から選ばれた事からも、家系的にもまるで長澤さんは才能を持って生まれて来たようにも見えます。

ちなみに長澤さんは芸能界でも友人が多く、

  • 榮倉奈々
  • 柴咲コウ
  • 小泉今日子
  • 柴咲コウ
  • 武井咲

など、その彼女の社交性の高さとコミュニケーションスキルの高さも窺えます。

長澤まさみの性格エピソード

上記のように才能に恵まれていそうな長澤さんですが、実は彼女に関するエピソードを調べてみると、むしろ性格が悪い印象を受けるものが多いです。

例えば、

・仕事の態度が悪くてドラマの現場スタッフからは嫌われている
・とある吉本の若手芸人が挨拶をしても無視した
・勝手に写真を取ったファンの携帯電話を「撮らないでよ!」と言いながら取り上げて目の前で画像を削除した
・先輩女優をパシリにした事がある

他にもドラマの撮影現場では演技のダメ出しされたり、天気が悪かったりすると愚痴を言う事が多いとか。

中には本当のエピソードもあるかもしれませんが、実際にどれが真実なのかと考えると正直何とも言えません。

しかし上記が事実だとすれば非常にプライドが高いと同時に「性格が悪い」と見る意見も信憑性がかなり増してきます。

ただ、傍から見れば先輩とじゃれあいながら

「せんぱ~い、お茶買ってきて下さいよ~」

などと冗談半分のやり取りをしていても先輩女優をパシらせてるように見えるかもしれませんし、

若手芸人の件にしても単純に挨拶が聞こえていなかったり、自分に対して挨拶してると気が付かなかった可能性も考えられます。

なぜ「性格が悪い」と言われているのか?

とはいえ、「性格が悪い情報」が流れる理由にはそれなりになんかあるんだろう…と思ってると以下のような情報もありました。

それは、

「女性ファンの多い男性芸能人と付き合ったから」

というものです。

長澤まさみさんが過去に付き合った事があると噂された男性には、以下の方々がいます。

  • 二宮 和也(嵐)
  • AKIRA(EXILE)
  • 伊勢谷友介
  • 岡沢高宏

実際に彼等と熱愛関係にあったのかは分かりませんが、上記タレントや俳優のファンが「アンチ長澤まさみ」として些細な事を「性格が悪い」として大げさに言っている可能性もある…かもしれません。

(勿論、事実の可能性もありますが)

ちなみに伊勢谷さんと岡沢さん、一部では「ダメ男」と言われてるらしく、

長澤まさみは、勝手に作られた自分のイメージと本当の自分とのギャップを埋めるために、安息の場としてダメ男と付き合っている」

なんて話もあります。

芸能界に友人が多い一方、山下智久さんとか上野樹理さんとか、共演NGとか言われてる人も何人かいますので、かなりクセのある性格である事は確かな気はしますね。

「山下は2007年のフジテレビドラマ『プロポーズ大作戦』で長澤と共演していますが、その際に『彼女のワガママに振り回されて大変だった』と今でも周囲にこぼすほど、長澤を毛嫌いしていますよ」

との情報もありますので、これだけ見れば「自尊心がかなり強い」という印象を受けますね。

これらの情報が本当だとすれば、黒瀬真奈美さんへのアドバイスは一体何だったのか…と思わずにはいられません。
自分見失ってますやん!

Sponsored Link

共演者などから見た長澤まさみ

共演者の方からの長澤さんの印象については以下が参考になるかとい思います。

>長澤まさみの性格エピソード

内容を簡単にまとめてみましょう。

  • サバサバしている(過去と現在の切り分けが上手い)
  • 案外大人で、ちゃんとしている
  • 落ち着きがあって、現場を盛り上げてくれる

イマイチ漠然とした評価ではありますが、別に悪い話ばっかりでもありませんよ!

「過去と現在の切り分けが上手い」ってややこしい表現ですが、要するに何か失敗してもクヨクヨ長引かせないって事でしょうか?

長澤さん本人の考え方

長澤さん自身は、自分の性格について

「わたしは人見知りで、緊張しいなんです」

とか、

「私自身ウンチクを語るのは好きで。とにかく自分の知っていることを人に知ったかぶりしたくなる性格」

といった評価をしています。

友人が多いこと、現場を盛り上げる性格などから考えると「人見知り」には違和感がありますが…現在はそれほどでもないかもしれませんね。

14歳ごろのインタビューではあがり症だったようで、「人前でちゃんと話せるようになる」のを目標としていた時期もあったようです。

あと興味深かったのは以下ですね。

Q:10年以上、ある人を思い続けているというのはすごいことですが、その気持ちを理解することはできましたか?

A:わたしはできます。わたし自身、もし映画と同じ状況になったら、相手を思い続けたいと思います。
信じる気持ちを大事にしなかったら、人に優しくすることはできないと思うし、人とつながっていくこともできないと思うから。

女性の社会的地位がまだまだ男性に比べて低いと感じていて、男の人ばっかり良い思いをするのは女子的にムカツクなあとも思う。
「色仕掛けに限らず使えるものは使っていかないと」っていうスタンスには共感できる部分は多い。

かなり長澤さんなりに強いポリシーを持っていて、それに従って行動しているようにも思えます。

まとめ

長澤さんの性格についての印象をまとめてみると、

「自尊心が強く、気が強い。自分なりの強い信念を持って行動している」

といった印象を受けました。

元サッカー日本代表のお父さんがいたり、12歳の時に3万人以上の中からグランプリに選ばれた経験などから、その性格の一部が形成されてるんでしょう!

参考になれば幸いです。

それでは!

>Summertime Blue―長澤まさみ写真集


Sponsored Link

こちらの記事も読まれてます!

オマケ記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ