• このエントリーをはてなブックマークに追加

おのののか、ビール売り子時代のメーカーと伝説とは!?元カレのピッチャーって誰?

この記事の所要時間: 754

今回は、タレントのおのののかさんのビール売り子時代が話題になっているようですので、その伝説(と売り子を務めていたメーカー)の詳細について調べてみました。

また、おのののかさんの「元カレ」がヤクルトのピッチャーという噂もありましたので、その話題についても具体的にお伝えします。

Sponsored Link

プロフィール

本名:宮田 真理愛(みやた まりあ)
愛称:ののきゃん
生年月日:1991年12月13日(25歳)
出身地:東京都
血液型:A型
カップサイズ:C
所属:プラチナムプロダクション

本名は「真理愛」。敢えて芸名にしなくても良かったんじゃないかという響きの名前です。

おのののかさんは、2015年時点では、「餃子の王将」や「アデランス」のCMに出演していた他、毎日放送MBSラジオ「アッパレやってまーす!」の火曜日レギュラーを千原Jrさんや篠崎愛さん達とともに務めていました。

その他にも雑誌やテレビ出演も数多かったようで、おのののかさんは「タレントとレースクイーン」が本業と言われているものの、現在はあまりレースクイーンとしての活動はしていない印象を受けます。

ただ、2016年以降の活動を調べてみると、やたらとテレビで見かけた印象があった2015年と比較すると、そんなに見かけないような気も……。CMだと「冬スポ!! WINTER SPORTS FESTA」、テレビドラマだと「とと姉ちゃん」や「三人兄弟2」、「そして、誰もいなくなった」などに出演されていたようです。

おのののかさんは、同事務所に所属する菜々緒さんと小倉優子さんに憧れて現在の事務所を選んだらしく、「ののか」の名前も「菜々緒さんみたいに同じ文字が続いている名前」という事で自分でつけたんだそうです。

ちなみに、「おのののかというインパクトがあって目に留まりやすい芸名がプラスに働いたんじゃないか」と本人は話しています。確かに「の」がやたら連続していて目に止まりやすそうではありますが(笑)

身長は169cmとモデルやレースクイーンに向いた体型ですが、小学3年生から高校生までバスケットボールをやっていたそうです。

バスケが原因で背が伸びたかどうかは不明ですが、こういった活動も現在の仕事に役立っている可能性もある、と考えると面白いですね。

ちなみに2013年のSUPER GTで「ZENT sweeties」のメンバーとして活動していた当時のおのののかさんの画像がこちら。
ono_race1

おのののかの「ビール売り子時代」の伝説とは?

おのののかさんは現在の所属事務所に入った後、モデル活動をしながら主にレースクイーンとして活動しています。

モデルとしての活動の傍ら、東京ドームでビール売り子のアルバイトをし、1日に400杯以上のビールを販売した事もあったそうです。

正直1日に400杯って言っても、経験者じゃなければイメージがしにくい数字だとは思いますが、実はこれは「東京ドームでの1日のビール売上販売の最高記録」として、現在も破られていない大記録です。

ビール販売には売り子ならではのテクニックもあったらしく、例えば男性の気を引く為に帽子を半分に折ってわざと浅く被る子もいたそうです。

おのののかさんが語る、最高記録を樹立した秘訣としては、

「男性サラリーマンの団体を狙う」

というのを意識していたそうです。

団体の中の中心人物と仲良くなり、そして「10杯ですか?20杯ですか?」と幹事役を煽って、何とメンバー全員分のビールを一度に購入してもらう。そして同時に「次も絶対に私から買ってくださいね!」とアピールしておく。

上手く男性の心理をついたテクニックを使用する事で、こんな風に大量のビールを販売する事に成功していたわけです。

そうして同じ団体に繰り返しアプローチする事で「常連さん」を作り出すことも出来ますし、そうすればさらに次の常連さんも出来る確率が上がるとも思います。

余談ですが、お釣りを渡す時に手をさり気なく握ってくるお客さんも多かったんだとか(笑)

そう考えると、売り子としては当然「容姿」も重要な要素だという事も分かりますね。(ただ、そもそも売り子に合格するのは可愛い子が多いって話なので、そういう意味ではそれ程大きく影響はしないのかもしれません)

おのののかさんは、2012年には1年でビールを10000杯以上販売し、表彰状まで受け取っています(※公式ブログ

東京ドームで販売するビールは1杯800円なので、最低でも彼女1人で800万円以上を売り上げた計算になりますね。

「売り子時代の方が儲かってました」と語る。ビールの売り子は完全歩合制。1日3時間勤務で週3日働いていたおのは「30万円ぐらいはもらっていた」
引用元

との事で、働きに見合った高額な報酬も受け取っていたようです。

週3日3時間働いて月収30万円ということは、1ヶ月の労働時間はおよそ36時間……つまり、時給にすればおよそ8000円以上だった事になります。半端ねぇ。

一部の情報によると、例えば甲子園球場の場合は1杯40円の歩合制だそうなので、それで計算すると1日8000円稼ごうとすると1日200杯は売っていく必要があります。

確かに全盛期のおのさんであれば、それくらい稼いでいてもおかしくない計算になりそうです。歩合制だからこそ、常連を作ったり一度に大量のビールを販売したり……という戦略もより有効に使えたとも言えそうです。

ono_bi-ru1

ちなみに、おのののかさんの売り子時代の画像がこちら。

ビールのメーカーは何だ!って気になる方も多いかと思いますが、服を見れば「サントリー」(プレミアムモルツ)だった事が分かります。

関連記事:おのののかの枕営業の疑惑の真相とは!?

Sponsored Link

おのののかの「元カレ」のピッチャーって誰?

1月27日放送のTBS系バラエティ番組「有吉ジャポン年末SP」に出演した時、おのののかさんは「元カレのプロ野球選手」と以前付き合って以降恋人がいない事を告白し、更に「在京球団の投手」と発言した事で大きな話題になりました。

検索キーワードから「ヤクルト」の選手だと言われていますが、ネット上の情報をまとめれば、この「プロ野球選手」とは群馬県出身の元プロ野球選手である「一場靖弘(いちば やすひろ)」さんである可能性があると言われています。

ichiba_yasuhiro

一場さんは2005~2008年まで東北楽天ゴールデンイーグルスに所属し、その後東京ヤクルトスワローズに移籍して2012年まで所属していました。

2004年にタレントの安田芽衣子さんとできちゃった結婚した事でも知られていて、2人の子供が生まれた後、2012年に離婚しています。

一場さんがプロ野球選手を辞めて、パーソナル雷電の営業マンとして活動する事になった時期と離婚の時期が大体同じですね。

やはり一場さんも当時は荒れていて家庭を省みる事が出来なかったのでしょうか……と、そんな話は置いておきましょう。

ついでに2014年3月16日放送の「サンデー・ジャポン」ではテリー伊藤さんとのやり取りの中で、

・相手は野球選手で浮気をしていた
・別れた原因は浮気相手と鉢合わせたから
・冷蔵庫にあった牛乳をぶちまけて別れた

と、なかなか興味深い経験を話しています。

実際にその野球選手とおのののかさんが何年に交際していたのかは分かりませんが、その相手が一場さんで2012年以前から交際していたとすれば、確かに完璧に浮気です。

しかも浮気相手は2人以上いる状態です。そりゃあ戦力外通告を受ける以前に家庭内も荒れますし、離婚騒動も起きますよね……。

ちなみに他には読売ジャイアンツの「辻内崇伸(つじうち たかのぶ)」、「会田有志(あいだ ゆうし)」、「朝井秀樹(あさい ひでき)」などの各選手が元カノの候補として挙がっていたんですが、じゃあなんでその中で読売ジャイアンツでもない一場さんが出て来たんだ、とも思いますよね。

これはどうやら、おのののかさんの「母親への質問」から判明した事だったんだそうです。それによると、

・すでに引退した「元」プロ野球選手である
・パ・リーグからセ・リーグに移籍した投手である
・当時は独身だった(2012年頃?)

という条件を満たした人物であると。そこから条件に合致するピッチャーが調査された結果、一場靖弘さんである可能性が高いと見られるようになったわけです。

一場さんは2014年には、3歳年下のネイルアーティストの方と結婚されていますが、いわゆる「浮気現場」に居合わせたのはその女性だったんでしょう。

離婚しても浮気をするとは大したもんだと思いますが、きっと本業である野球の方が上手く行かずに色々とストレスを抱えていたんでしょう(と勝手に思っておきます)。

いずれにしても一場さんにとってもこの暴露は完全に予想外だっただろうと思います。

というわけで以上、おのののかさんの元カノ(?)に関する情報についてお届けしました。何かの参考になれば幸いです。

それでは!

関連記事:おのののかの枕営業の疑惑の真相とは!?


Sponsored Link

こちらの記事も読まれてます!

オマケ記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ