• このエントリーをはてなブックマークに追加

篠崎愛の歌が上手いと言われる理由!トレーニングは何を?

篠崎愛
この記事の所要時間: 532

今回は、篠崎愛さんの歌が上手いと話題になっているようですので、その理由について具体的に調査してみました。

なぜ篠崎さんは周囲から高く評価される歌唱力を身に付ける事ができたんでしょうか? というわけで、トレーニング方法なども含めて色々とお伝えします。

Sponsored Link

篠崎愛の歌の上手さに関するお話

篠崎さんというと、個人的には「グラビアアイドル」としてのイメージが強かったんですが、実はその歌唱力の高さでも知られているようです。

とは言っても、聴いた事が無ければどの程度上手いのかさっぱり分からない……という事で、まずはどの程度上手いのかについて確認してみましょう。

とりあえず「聴いた事無いぜ!」という場合は、こちらから確認してみてください。篠崎さんが歌っている数多くの動画を視聴できます。

>篠崎愛は胸が大きいだけじゃなく歌も上手い!?画像・動画あり

以前にも何となく聴いた事はあったんですが、改めて聴いてみると確かに上手だなぁと思います。

調べてみると、過去にはこんな「本物の歌手よりも歌が上手い」みたいなニュースまで流れた事があったようです。

3日に放送された『関ジャニの仕分け∞』(テレビ朝日系)のカラオケ得点対決に歌手の華原朋美(39)がゲスト出演。番組選抜メンバーとカラオケバトルを繰り広げたが、持ち歌や馴染みのカバー曲がお題だったにもかかわらず、結果は4番勝負で2勝2敗と不本意なものに。さらに、対戦相手の一人だったグラビアアイドルの篠崎愛(22)について「グラドルの方が歌が上手い」などといった声がネット上で噴出するなど、散々な状態になっている。
引用元

一応、華原朋美さんの名誉の為にも弁護(?)をしておくと、「何故こういう結果になったのか」の理由は以下のように考えられます。

・カラオケの採点方式での勝負だったから
・華原さんが芸能活動を休止していた時期が長かったから
・篠崎さんが歌手活動を2011年からガチで続けてたから

何せこの当時は(残念ながら現在は活動を休止されています)、篠崎さんがアイドルグループ「AeLL.」のボーカルを務めていた時期とも重なります。……と言ってもメンバー4人全員がボーカルを担当していたわけですが(笑)

とは言え、それを差し引いてもまさしく本職の歌手である華原さんと張り合う歌唱力を持っているのは素直に凄いですよね。

篠崎さんの歌唱力が非常に高い理由については一応、上記引用元のニュースサイトでも、

グラドルなのにナゼこんなに歌が上手いのかと疑問を抱く人も多かった。だが、実は彼女はグラドルだけでなく歌手活動もしている。08年にプリンセス・プリンセスの「M」をカバーしてCDデビューし、2011年に結成したアイドルグループ「AeLL.」の中心メンバーでもある。

とは書いてあったものの、突き詰めれば「歌手活動をしているから歌が上手い」というよく分からない事になってしまいます。

というわけで、「歌手やってるから歌が上手いんだよ」では何も面白くありませんので、篠崎さんの背景まで含めて調査した結果をお伝えします。

篠崎愛の歌が上手い理由は?

単純にアイドルグループのメンバーとして歌っているから歌唱力が高いんだ、と言うだけであれば、同じくメンバーである3人の歌唱力もかなり高いという事にもなるでしょう。

……と思って折角なので調べてみると、実際普通に高いらしいですね(客観的な評価として)!

2011年にはAeLL.のリーダーである西さんが、あの「つんく」さんから歌唱力を高く評価されています。「ベストパフォーマンス賞」なんて凄そうな賞まで受賞されています。(篠崎さんは別の賞を受賞した模様。萌え賞(笑))

キングオブ“萌え”賞:ロビン(THEポッシボー)、篠崎愛(AeLL.)
ベストパフォーマンス賞 個人歌唱部門:西恵利香(AeLL.)

話が逸れそうになっていますので、篠崎さんの話に戻しましょう。

篠崎さんが単なるグラドルの片手間で歌を歌っている訳ではない、という情熱の強さは理解できますが、では普段はどうやって練習しているんでしょうか?

カラオケで高得点を取れる事から、まず間違いなくカラオケを利用して練習しているんだろうという推測は立ちますが……。

実際にその辺りについて調べてみると、過去の篠崎さんの発言でこんなものが見つかりました。

収録の日は3時間ボイストレーニングして、3時間かけて録音しました。
引用元

他にもこんな発言も。

「ひとりでカラオケに5~6時間入って録音したり、お風呂で歌ったりしています。このPVのために3時間のボイストレーニングをして、2時間も収録にかけました!」
引用元

収録時間がズレているのは多分聞き間違いでしょう。2時間が正しいと思います。というわけで、基本的には歌のトレーニングは「一人」でしている事が判明しました。

もちろん歌手として活動してきた以上、専門的なボイストレーニングを受けている事も分かりますが、上記の話しぶりでは日常的にボイストレーニングを受けているわけではなく、必要なタイミングで集中的に練習しているように思えますね。

具体的な歌の練習頻度は不明ながら、「5時間以上」もカラオケで歌うというのは中々のものだと思います。篠崎さんは「歌う事」自体を趣味だと話していますので、楽しみながら自然に継続できたのが大きかったんでしょうね。

恐らくその歌唱力の向上に繋がった大きなポイントは「録音して客観的に自分の声を聴く」という部分だったんじゃないでしょうか。

ちなみに篠崎さんの言う風呂場の練習については単に付け足しただけで、メインの練習としてはやっていないと思います。

調べてみると一応「桶」を目の前に置いて歌う事で自分の声が直接耳に入るようにすれば効果はあるらしいですね。風呂場も含めて反響音があると実際以上に歌が良く(上手く)聴こえるものなんだとか。

という事で、篠崎さんの歌が上手い理由の結論を述べれば「カラオケでの長時間の練習、及びそれを録音して自分で聴いていたから」というシンプルな結果になりそうですね。

ひたすら歌えば上手になるんだよ!! と言いつつ、自分の歌を客観的に聴いて改善するのがベストなんでしょう、多分。

以上、何かの参考になれば幸いです。

それでは!

関連記事:二階堂ふみの憧れの相手!篠崎愛さんの素顔とは?


Sponsored Link

こちらの記事も読まれてます!

オマケ記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ