• このエントリーをはてなブックマークに追加

櫻井翔の家族とのエピソード!父・母はどんな人物なのか?

櫻井翔
この記事の所要時間: 925

今回は、嵐・櫻井翔さんの家族に関するエピソードについて色々とまとめてみました。

櫻井さんの父親・母親は一体どんな人物なのか、私自身も全然知らなかったのでこの機会に分かる範囲で詳細に調査した結果をお伝えします。

というわけで早速どうぞ。

Sponsored Link

櫻井翔の家族構成

まずは簡単に、櫻井家の「家族構成」についてお伝えします。

櫻井さんの家族は両親に弟と妹が1人ずつの5人家族で、職業などについて調べてみると全体的にエリートです。

実は調べればすぐに出てくるんですが、まずは簡単にプロフィールを紹介しておきたいと思います。

父:櫻井俊(さくらい・しゅん)

櫻井俊

実はテレビでも見かける事があります。たまに「櫻井パパ」という言葉を聞く事もありますが、果たしてこれは桜井家にとって嬉しい事なのかどうなのか。

櫻井俊さんは、現在は総務省総合通信基盤局電気通信事業部長を務めておられるようで、

群馬県立前橋高等学校⇒東京大学法学部卒業
1977年:郵政省(現・総務省)に入省
1980年:電波監理局放送部企画課難視聴対策室主査
(中略)
2001年1月:総務省情報通信政策局総合政策課長
2001年7月:総務省情報通信政策局総務課長

……と、漢字だらけでワケ分からなくなってきますが、何やってるんだと調べたところ要するに高速なネットワーク基盤の構築・整備に関する仕事をされている? みたいですね。

2013年6月からは総務審議官の「郵政・通信担当」として、総務省ナンバー2と言われる地位についている、まさに「エリート中のエリート」と言えるわけです。

母:櫻井陽子(さくらい・ようこ)

櫻井陽子

櫻井さんのお母さんは、駒沢大学文学部の教授です。具体的には、

1979年:お茶の水女子大学文教育学部国文科卒業
1992年:同大学院博士課程人間文化研究科単位取得退学
1992年:富士フェニックス短期大学日本語日本文学科専任講師
1996年:熊本大学教育学部助教授
2002年:駒沢大学文学部教授

といった経歴。

噂レベルの話ではありますが、実は櫻井陽子さんの実家は群馬県で新聞社を所有している資産家なんだそうです。

故・小渕恵三元総理大臣とは親戚関係にあり、小渕優子さんとは幼馴染……というかなり意外な情報もあります。

ただ、陽子さん自身は櫻井翔さんの母親であることを否定していたという話もある為(Wikipediaでも『要出典』となっています)、100%正しいとは言い切れないところがあります。

(駒沢大学の学生さんに直接聞いてもらいたいところですが、家族に迷惑がかかるから、という理由で否定する可能性もあるかもしれません)

ちなみに小渕優子さんとの幼馴染説や実家の情報の元ネタは「東スポ」が2010年に書いたネタが元になっています。

これを信じるか信じないかは……といったところでしょうが、こういった政界との繋がりが櫻井俊さんと結婚した理由にも繋がっているのかもしれませんね。

妹:櫻井舞(さくらい・まい)

櫻井舞

妹である櫻井舞さんの現在の年齢は30歳(1986年8月18日生まれ)。

2009年に日本テレビに入社した事から話題になりました。学歴を調べてみると、

成城幼稚園
⇒成城学園初等学校
⇒成城学園中学校
⇒成城学園高等学校
⇒成城大学

といったように、ずっと成城コースを歩んで来ている様子。2014年時点では、

ラインと言われる司法記者として東京地検特捜部と国税局を担当する敏腕記者だ。凄いのは「司法記者の櫻井」として名前が売れていること。
引用元

という事で「司法記者」として活躍されているようですね。うーん、やはり英才教育を幼い頃から受けてきているのか、妹さんも相当な能力を持っている事が窺えます。

弟:櫻井修(さくらい・しゅう)

弟である櫻井修さんについては、「週刊女性」から様々な情報が流れました。年齢は櫻井さんの13歳年下だという事ですから、現在は22歳前後になりますね。

「彼はお兄さんと同じく小学校から慶應で、この春には経済学部に入学したばかり。顔も兄に似ていてイケメンで、上半身の筋肉はモリモリです」(テレビ局関係者)
(中略)
そんな弟くん、実は大学進学とともに体育会のラグビー部に入っていた。

「彼は昨年11月に行われた高校ラグビーの県予選決勝で敗退し、花園に行けませんでした。高校最後の公式戦で敗退したのがよほど悔しかったのでしょう」(慶應の学生)

身長170cmに対して体重は65kgとかなりガッチリした体型ながら、「ラグビー部員としては」小柄なんだそうです。

(ちなみに2015年時点での日本代表の先発15人の平均身長を調べると「182.3cm」という情報がありました。そう考えると確かに小柄と言えますね)

以前は慶應大学ラグビー部のHPにも櫻井修さんの顔写真が掲載されていたらしいんですが、残念ながら現在では削除されています。

無駄に話題になる事を恐れて削除したのか、それともラグビー部からは既に去ってしまったから消されたのか……少し気になるところです。

しかし現在でも顔写真(※画像。気になったら確認してみてください)は残っていたりもします。やっぱり注目している人がそれだけ多いんでしょう。

ところで、どうでも良い話ではありますが櫻井家の男性陣の「名前」はよく似ていますよね。

お父さんは別に問題ないと思いますが、「翔(しょー)」「修(しゅー)」はどこかで間違える可能性が高そうです(笑)

……と無意味な心配をしたところで、櫻井さん家族の簡単な紹介は終わりにしましょう。

Sponsored Link

櫻井翔とその家族の関連エピソード

というわけで、ここからは家族の関連エピソードを紹介していきたいと思います。

父親とのエピソード

櫻井さん本人との関わり以外にも、「父親」という事で度々フライデーから取材を受けているようです。

基本的に何を聞いても「……(無言)」だそうですが、そりゃあ息子の事を色々聞かれたって困りますよね。ご本人が政治家として重要な立場という事もあって、迂闊な発言が一切できないというのもあるでしょう。

取材では「何を食べたか」とか「何円だった」といった非常に細かい事までリサーチされています。総務省ナンバー1候補という事もあって相当な注目を浴びていますが、お父様も大変ですね。

>『嵐』櫻井翔のパパは総務省次官目前のスゴイ人[フライデー]

櫻井さんが話す父親とのエピソードには色々あります。

櫻井「僕、野球やらないんだけど、子供の頃結構巨人戦とか親父と観に行ってたんですよ。」

櫻井「僕は、あのー小学校3年かな、4年かな?親父と二人ででトヨタカップ見に行って。」

櫻井「特にまぁ体調面健康面で言うと、あの~、親父にも言われたんだけども「水に気をつけろ」と。まぁ「水道水は絶対飲むな」あとまぁ「歯を磨く時とかも気をつけろ」っていう風に言われて。ガイドブックにも、もちろんそういうこととか書いてあって。」

櫻井「でもーうち親父とかチョーはまっちゃってて、休みの日とか見てるわけですよ「24」を「見ろよ」とか言われてんだけど「いや、いいよ」っか言ってただけど、もう1回見たら最後だった。」

櫻井「親父がずっと「男はカーナビにたよっちゃいかん」っていうからつけてなかったんだよね」

などなど。こう見ると家族仲が良い事が分かりますね。(少し分かりにくいですが、それぞれの話の内容に繋がりはありません)

一部ではジャニーズの活動を父親が反対していたなどといった噂もありましたが、どうやらそれは根も葉もない噂だったようです。
櫻井さん_反対の噂

やはり雑誌の売上か何かを上げる為の、話題性を重視した記事が元ネタだったんでしょうか。

とりあえず父親からは嵐の結成が決定した際にも厳しい言葉をもらったとの事で、「厳しい中にも優しさがある」といった様子が窺えますね。

にしても、よくこの両親から国民的アイドルが誕生する事になったものだと……。その過程でどういったやり取りががあったのか、物凄く気になるところです。

母親とのエピソード

というわけで次です。

本当に母親なのかイマイチはっきりしない櫻井陽子さんとのエピソードがこちらになります。

櫻井曰く、母親はあまり料理が得意でなはないものの、学校には“パンチの効いたお弁当”を持たせてくれたという。

例えば「納豆ご飯」、そして「ポットと白米とレトルトカレー」…ポットのお湯でレトルトカレーを温めて、それを弁当箱に入った白いご飯の上に自分でかけて食べるというものだ。
[女性セブン]

カレーはある程度分かりますけど(私の近くにいた人はカレーうどんを弁当に詰めて持ってきていましたし)、納豆ご飯は普通無さそうです。食べた後歯を磨かないと周囲の人達はアレな事になりますよね(笑)

ちなみにエリート家系だけあって、と言うべきなのか、櫻井さんは両親からかなりの数の習い事にも通わされていたそうです。例えばこちら。

習い事は3歳から小学4年生までエレクトーン、その後はピアノ。他にも水泳、習字、油絵、剣道、ボーイスカウト、サッカー…
[女性セブン]

恐らく両親は色々な経験を積ませる中で子供の才能を見出そうとしていたのでしょう。

その結果として翔さんは「嵐」メンバーとして大成功していますし、妹の舞さんも日テレの司法記者として活躍されているわけですね。

他にはこんなのもあります。

東京・渋谷駅の近くで大げんかをした時、母は息子をそのまま置いてバスに乗り込んだ。櫻井の方も「なんでこの人と帰らなきゃいけないんだ」と思って、「いなくなってやろう」と思ったという。

少し後ろめたくなったのか、母は乗り込んだバスの窓からこっそり息子を見た。しかし、息子は泣くどころか歩道をずっと歩いてバスを追い、母をじっと睨みつけていたという。
[女性セブン]

これが櫻井さんが5歳の時の話だったそうですから、母親としてはどうなんでしょう。

ケンカの理由が気になるところですが、せいぜい子どもと母親のケンカなんて「買って欲しい物を親が買ってくれなかった」とかそんな感じだと思いますので、子供の反省を促そうとしてわざと一時的にバスに乗り込んだ可能性は高いでしょう。

にしても、櫻井さんが小さい頃からかなり精神的に強かった事も分かるエピソードではないでしょうか。肝が座っている、というか。

というわけで以上、櫻井さんの母親と父親に関連したエピソードについてお伝えしました。

それでは!

櫻井さんの現在の彼女の噂に興味がある場合は、こちらの記事もご覧ください。

関連記事:櫻井翔の彼女は現在は誰なのか?妻夫木聡が似てるかも検証!


Sponsored Link

こちらの記事も読まれてます!

オマケ記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ