• このエントリーをはてなブックマークに追加

遠野なぎこの壮絶な生い立ちについて。母親に強要されたお風呂エピソードとは?

遠野なぎこ
この記事の所要時間: 451

今回は、女優・遠野なぎこさんと母親(+義父)との衝撃的なお風呂エピソードについて話題になっているようなので、詳細に調べてみました。

また、遠野さんの壮絶な(?)生い立ちについても具体的にお伝えします。

Sponsored Link

遠野なぎこの母親とのお風呂エピソードについて

さて、遠野さんとその母親との関係を見ていくと、実はかなり壮絶な過去がある事が分かるんですが、それについては後ほどお伝えします。

遠野さんは「一度も愛してくれなかった母へ、一度も愛せなかった男たちへ」という凄いタイトルの自伝を出版していて、その中で赤裸々に自身の過去と母親との確執について語っていますので、興味がある場合はそちらを読んでみるのも良いかもしれません。

AmazonのKindleを持っていたら100円くらいお得ですよ!!(意味のない宣伝)

とまぁそんな話は置いといて、とりあえずここでは一部で話題になっている遠野さんの「お風呂」に関するエピソードについて見ていきましょう。

遠野さんの母親は高校生の頃に娘(遠野さん)を妊娠し、そのお相手である父親と青森から東京へと駆け落ちしています。

母親はなんと19歳の時に出産したものの、案の定というべきか結婚生活は長くは続かず、遠野さんが小学生の時に離婚して1年後に別の男性と再婚しています。既に色々おかしいですが、そんなもんです。

「お風呂」に関するお話は遠野さんが母親から受けていた「虐待」のうちの1つで、その内容を一言で書いてしまえば……

「遠野さんが小学校高学年の時に再婚相手と一緒にお風呂に入るよう強要された」

というものです。

小学校高学年なんて、自分の父親だったとしても「お父さんの後ではお風呂に入りたくない」とか「洗濯物を一緒に洗ってほしくない」とか言い出しそうな年齢だと思います。

ちなみにこのエピソードを聞いて安易に「新しい父親と仲良くしてもらいたかったんじゃないか」と考えた方はかなり甘いです。

なんと母親自身は再婚相手の事が特別好きというわけでも無かったらしく、

不倫相手とラブホテルで密会する際には、私に「これからラブホテルに行ってくるから弟と妹の面倒を見ておいて」と言ってくるんですよ。その不倫相手からは経済的な援助も受けていたらしく、母親は私たち3人の子供に「この人は、あなたたちの“足長おじさん”よ」って、紹介したこともありました。
引用元

などといった話まであります。

いや~、そもそも遠野さんの母親が一体どんな環境で育ってたんだって言いたくなる話です。色々精神を病んでるような印象すらありますね。

遠野さんの小学校時代には他にも色々あって、

・小学校時代の習い事はどれも長続きしなかった(習字、ピアノ、クラシックバレエ、学習塾)。
・小学校時代、友達と話すのが苦手で登校拒否だった。
・小学校時代、よく母親から顔や体に関する悪口を延々言われた。
・母親から母親の彼氏の男○器の写真を見せられた。

などといったエピソードも紹介されています。

実の父親からは生まれた頃から身体的な虐待も受けていたらしいですし、母親からは精神的な虐待も受けていたと考えれば何とも過酷な幼少期だと思います。

こうした幼い頃からの壮絶な体験を辿ってみると、遠野さんの人格がどのように形成されてきたのかがよく分かって個人的に凄く興味深く感じます。

同時に遠野さんの母親の人格が形成されたのも、その両親(要するに遠さんのじいちゃんばあちゃん辺り)が大きな要因になっているんだろうと思います。

Sponsored Link

母親との現在の関係について

遠野さん自身が公式ブログで語っているんですが、現在はその母親とは絶縁状態にあるそうです。

ちなみにリンク先の記事を読むと、遠野さんの母親が焼身自殺を図ったなんてニュースまであった事が分かります。

その元記事は以下のようですので、興味があればご覧ください。

>遠野なぎこ 虐待で絶縁した実母が“焼身自殺未遂”か

しかし、その実態は「ガスコンロで軽い火傷を負った」程度の話らしく、どれだけ大げさに記事を書けば「火傷→焼身自殺」になるんだと……。衝撃的な話かと思いきや、ちょっとした怪我の話だったわけです。

まぁ、この記事の信憑性云々に関しては敢えてここでは書きませんが、興味深いのは遠野さんがこの事に関して非常に淡々と記事を書いている事です。

特別騒ぎになっても困る事もないし、自分には関係ない過去の人間の話……といった風に遠野さんが考えているように思えます。

遠野さんは長く摂食障害などにも苦しんできていますので、完全に母親の呪縛からは逃れられていないのだとは思いますが、そこから抜け出していこうという前向きな(?)気持ちが窺えます。

私は私の幸せを、私は私の人生を歩きたいの。

と話す通り、過去を変える事はできませんが、これからの人生を変える事はできますので、ぜひ遠野さん自身の幸せを掴んで欲しいと思っています。(などと真面目な事を書いてみたり)

おまけ:遠野なぎこの過去の話

遠野さんの壮絶な生い立ちについて「無料」で色々知りたい場合は東スポの、

「遠野なぎこ連載」

を「1」から順番に見ていくと読み応えもありますし、非常に参考になるかと思います。(なにせ遠野さん本人が自分の過去について詳しく書いていっていますので)

といったところで、何かの参考になれば幸いです。

それでは!

>一度も愛してくれなかった母へ、一度も愛せなかった男たちへ(遠野なぎこ)

関連記事:遠野なぎこの元旦那との超短い結婚期間の理由とは!?


Sponsored Link

こちらの記事も読まれてます!

オマケ記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ