• このエントリーをはてなブックマークに追加

中川翔子の父・中川勝彦のスキャンダルとは?出身高校と高校時代についても調べてみた

中川翔子
この記事の所要時間: 611

今回は、しょこたんこと中川翔子さんの父・中川勝彦さんの女性問題のスキャンダルについて具体的に調べてまとめてみました。

私は正直全然「父親」に関しては知らなかったんですが、実際のところどんなスキャンダルがあったんでしょうか?

またついでに、中川さんの出身高校についても気になっている人が多いようなので、その辺りの情報についても詳しく調査してみました。

Sponsored Link

中川翔子の父・中川勝彦のスキャンダルについて

さて、早速本題に入りましょう。

翔子さんのお父さんである勝彦さんは、ご存知の方も多いかと思いますが1992年に急性骨髄性白血病という病気を患い、その2年後の1994年に32歳という若さで亡くなられています。

翔子さんが生まれたのは1985年なので、勝彦さんが22歳の時の事になりますね。若い。

年代的に結構知らない人も多いと思いますが(私も知りませんでした)、勝彦さんがグラムロックスタイルのビジュアル系アーティストや俳優としてもちょうど活躍していた時期です。

※一応「グラムロック」の説明をWikipediaから引用しておきます。

主にイギリスで1970年代前半から中盤にかけて流行した、ロック・スタイル。由来は、魅惑的であることを意味する英語の”glamorous”から来ている。

勝彦さんの外見は以下の画像のようにかなりのイケメンなので、当時相当な人気があったのも納得できますが、意外にも中身はかなりのオタクだったそうで、翔子さんにそっち方面の「英才教育」を施した事でも知られています。

中川勝彦1

探してみたら勝彦さんの当時のライブ映像(※YouTube)も見つかりましたので、興味があれば確認してみてください。

中川勝彦の死後に現れたスキャンダル

さて、問題のスキャンダルとして出てきたのは、2011年の2月頃だと言われています。

現在では残念ながら写真を確認する事はできませんが、勝彦さんが女性と○行為をしている写真が24枚ネット上にアップされた事で話題になりました。

まさかの勝彦さんの死後17年ほど経ってからのお話です。

で、その写真に写っていたお相手が翔子さんの母親・桂子さんではない謎の一般女性だった事が話題に拍車をかけたわけです。

中川さんはその噂を聞いて大きなショックを受けたそうですが、そりゃあ死後に父親のそんな画像が突然出てきたらショックだと思います。

2011年内には写真を掲載していたサイトは閉鎖され、その後画像検索からも削除されたようです。恐らく現在では、個人所有の画像を除けばネット上では発見できないと思います。

写真を掲載した狙いは何だったのか?

さてこのスキャンダルの話を聞いて私が個人的に気になったのは、この事件の犯人(?)が「何故2011年に入ってから写真を流出させたのか?」といった点です。

スキャンダルを大っぴらにするにしても、単に勝彦さんの評判を落とす事が目的なのであれば存命の内に流出させた方が効果的ですよね。

わざわざ死後10年以上が経過した後に公開した事には何か理由があるはずです。という事で適当に考えて調べてみたら、ちょうど近い時期にこんな出来事があったようです。

2011年1月24日に復刊ドットコムよりソフトカバー版として発売される事が決定し、絵本のみのスタンダード・エディションのほかに、生前の中川勝彦の肉声をあつめた朗読CD付きのスペシャル・エディションが2011年3月中旬に発売される事がリリースされた。
[引用:ニコニコ大百科]

タイミング的に丁度いいですね。

犯人が何を考えていたかは分かりませんが、評判を下げて売上を落とそうと考えていたのか、それとも炎上商法で売上を上げようと考えたのか…。

ちなみに結果的にはその売上は素晴らしい事になったようで、『復刊ドットコム』の2011年年間販売ランキングでは第1位に輝いてます。

なので皮肉にも、このスキャンダルに直接の影響があったかどうかまでは分かりませんが、結果的には炎上商法と同じ結果になった模様。なんという事でしょう。

Sponsored Link

中川翔子の出身高校について

翔子さんの出身高校は、Wikiを見れば一発で分かりますが『立志舎(りっししゃ)高等学校』です。(以下の情報より)

平愛梨は同じ高校の一つ先輩。また橘慶太は同級生である。

調べてみると平愛梨さんが卒業したのは『北豊島高等学校』の通信制なので情報がズレてますが、恐らくは平さんの場合は立志舎高校から北豊島高校に転校したんだと思います。

Yahoo!知恵袋の回答などを調べてみると「大原学園高等学校」ともありましたが、こっちは単なるガセネタですね。

ちなみにこの立志舎高校、ジャニーズ御用達の高校でもあり、二宮和也さんや赤西仁さん(中退)など有名なメンバーも多く卒業しています。

やはり仕事で忙しい芸能人にとっては通信制の高校は大きな魅力の一つになっているんでしょうね。

中川翔子の暗黒の高校時代について

中川翔子_ぼっち

ついでという事で翔子さんの学生時代はどんなんだったんだろうと調べてみると、どうやら小学生の頃からイジメを受けていたようです。

そんな中でも特に高校時代は自分の人生の中でも一番暗かった時期だと言ってます。

現在では残念ながら削除されてしまったんですが、YouTubeの動画で周りから「ブス」とハッキリ言われていたのも確認できました。

中学のころ、私はずっと「死にたい」と思ってた。無視(むし)されたり、陰口(かげぐち)を言われたりするのがつらくて、結局、卒業式も欠席した。1人で絵を描いていて、「キモい」って笑われた。「お前に言われる筋合(すじあ)いはない!」って言い返したかったけど、言葉が出なかった。今でも悔(くや)しいんだよ。
[朝日デジタル]

よくそんな逆境まっただ中の状況から芸能界を目指そうとしたものだと思いますが、

(ジャッキー・チェンに)直接、ありがとうを言える仕事に就きたい」

という風に思ったのが大きなキッカケになったようです。

「死にたい」と毎日思いながら生きていた当時、母親と一緒に香港に行ってご飯を食べていたらたまたま斜め前にジャッキーさんが座っていて、ご飯をご馳走してくれたんだそうです。

そしてその時のジャッキーさんの笑顔と、サインもくれた優しさに直接感謝の言葉を述べたいと思って前向きな気持ちが湧いてきたのだと話されています。

そして芸能界を目指すと決めてからは逆に周りから「キモい」と言われるのが「アリ」になったんだとか。

今となってはむしろ、その経験が多くの人からの共感を得られている側面もあるんじゃないでしょうか。

というわけで、目標があるとやっぱり違いますよね!

正直偶然ジャッキーチェンに食事を奢ってもらえるとかどんな確率だよ、とも思いましたが、もしかしたらどこかに運命というものがあったのかもしれません。

芸能界に入っても「ぼっち」がもはやネタと化している翔子さんですが、これからも色々な場面で活躍してほしいと思います。

それでは!

関連記事:中川翔子の熱愛相手は誰なの?母親の若い頃はどんな感じ?


Sponsored Link

こちらの記事も読まれてます!

オマケ記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ