• このエントリーをはてなブックマークに追加

辺見えみりの夫と昼ドラの関係とは?子供を出産した病院はどこ?

辺見えみり
この記事の所要時間: 356

今回は、辺見えみりさんの夫と「昼ドラ」の関係について具体的に調べてみました。これだけ見ると全く意味が分からないと思いますが、果たして。

またついでに、辺見さんが子供を出産された病院についても気になっている方が多いようなので、その辺りの情報についても詳しく調査した結果をお伝えします。

Sponsored Link

辺見えみりの夫と昼ドラの関係について

というわけで、早速本題に入りましょう。

辺見さんの夫が俳優の松田賢二(まつだ けんじ)さんだという事を知っている人は多いと思いますし、もしかしたらあなたも知っているかもしれません。

※旦那さんと子供についての情報はこちらの記事にも書いていますので、興味があればご覧ください。
関連記事:辺見えみりの旦那・松田賢二の実家はどこ?子供のダウン症疑惑の真相についても調べてみた

で、肝心のその松田賢二さんと昼ドラとの関係なんですが、簡単に調べたところによると、どうやら彼は

『昼ドラの王子』

と呼ばれている(いた?)んだそうです。

「王子」と素敵な名前で呼ばれる理由はシンプルで、それだけ多くの昼ドラに出演している事から来ています。

松田さんは2000年に29歳で映画「VERSUS -ヴァーサス-」で俳優としてデビュー。そしてその3年後から「昼ドラ王子」としてのキャリアがスタートしています。

最初は2003年の「愛の劇場」および「ダンシングライフ」。その後、

・2006年「偽りの花園」
・2007年「麗しき鬼」
・2010年「インディゴの夜」
・2011年「さくら心中」
・2012年「ぼくの夏休み」
・2013年「天国の恋」

といった昼の時間帯のドラマに次々出演し、そのイケメンぶりと男としての渋さが多くの主婦からの支持を集めたと言われています。

松田賢二_さくら心中

恐らく上記リストから漏れている昼ドラがある可能性もあるかと思います。なので、松田さんはほとんど毎年のように昼ドラに出演されている事になりますね。

この事から「昼ドラ王子」の異名を与えられているのも、ある意味当然といった感があります。

ちなみに完全に余談ですが、他にも「昼ドラ王子」として知られている俳優さんとして、高杉瑞穂(たかすぎ みずほ)さんがいます。第二世代的なアレですかね。

松田賢二の収入はどれくらい?

昼ドラと夜のゴールデンタイムとかのドラマなどとのギャラの違いが個人的には気になるところですが、「昼ドラ」って俳優さんにとってどういう位置付けなんでしょうね。

かる~く調べた感じですと、「これから売り出していこうとする人」「ちょっと落ち目の人」「ギャラは安目」といったイメージがあるそうですが。

やはり人口の多くを占める社会人が基本的には昼間はテレビを見る事が出来ませんので、その分視聴率も低い事を考えると……スポンサー云々のお金の額もそれだけ下がって来ますので、ギャラも夜と比較すれば安くなるんでしょう。多分。

松田さんは辺見さんと結婚した当初は年収400万円程度らしいと噂されていましたが、今はどうなんでしょうね?(というか400万って普通のサラリーマン程度の収入ですね…)

とは言え、辺見さんの推定月収は180万円で、2013年時点ではブログ収入だけで月100万円以上の収入が入っていた事を考えれば、経済面においてはあまり心配する必要は無さそうです。

Sponsored Link

辺見えみりが子供を出産した病院はどこなのか?

さて、いきなり結論を書いてしまえば、辺見さんがお子さんを出産した病院は「山王(さんのう)病院」です。

詳細についてはこちらの記事にまとめていますので、興味があれば是非ご覧ください。

(むしろ記事を書いていないと思って改めて書こうと思ったら、あまりにもデジャヴが多くて初めて「あっ、これもう記事書いてる」って気付いたパターンでした。アホですね)

関連記事:辺見えみりが出産した病院は?料理が少ないってどういう事?

山王病院は、一般的な(と書くと語弊があるかもしれませんが)病院と比較すると出産費用は100万円以上とも言われます。実際かなり高額だと思いますが、きっと辺見さんの収入だとそんなに大きな金額でも無さそうです。

辺見さん自身も山王病院で生まれたのは、辺見さんの両親がともに芸能人であり家庭が裕福だった事が背景にあったに違いありません。

…と思ったら、普通に出産費用は分割払いが可能らしいですので、「お金はかかっても安心して子供が産みたい」といった人達も利用する人は多そうです、といったところで。

それでは!


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ