• このエントリーをはてなブックマークに追加

きゃりーと深瀬の熱愛のきっかけは?すっぴん(カラコンなし)画像も話題!

きゃりーぱみゅぱみゅ
この記事の所要時間: 431

今回は、きゃりーぱみゅぱみゅさん(以下きゃりー)と「SEKAI NO OWARI(以下セカオワ)」・深瀬慧さんとの熱愛のきっかけについて詳細に調べてみました。

またついでに、きゃりーさんのカラコン無しのすっぴん画像も話題になっているようですので、それについても画像を交えてお伝えします。

Sponsored Link

きゃりーぱみゅぱみゅと深瀬慧の熱愛のきっかけは?

というわけで前置きは無しにして、早速本題に入りましょう。

個人的に気になるのは、そもそもきゃりーさんとセカオワ・深瀬さんとの接点がどこにあったのか、といった辺りですね。

2人の間に最初に熱愛疑惑の報道が流れたのが、2013年6月の「第56回逗子海岸花火大会」であるようです。

その後、深瀬さんが正式に交際を公表したのが2014年8月。以下のツイートを見れば分かる通り、あっさりときゃりーさんとの交際を認めています。

深瀬_交際ツイート

とは言え2014年以前に、既に2013年のクリスマスや原宿などで度々2人がデートをしている様子が目撃されていました。

「それじゃあ、一番最初の出会いのきっかけは何だったのか?」

といった辺りについて更に気になったので調べてみたところ、どうやら音楽フェスだったらしいという事が判明しました。

しかしそれ以上の詳しい情報は見当たらず、一番最初の出会いがどの「音楽フェス」だったのかがイマイチ判然としません。(一応、カウントダウンフェスや夏フェスで共演することが多かった…と言われているようです)

これ以降、セカオワときゃりーさんのPVを手がける監督が同じ(映像作家の田向潤さん)だったりした事なども接点となって、徐々に2人は仲を深めていったようです。

実際にはフェスで意気投合して一気に交際まで進んだ可能性はありますが、流石にその辺りの真相についてはちょっと分かりませんでした。

2人が出会った「フェス」って何?

既に交際開始から何年も経っているという事で、恐らくは2011~2012年辺りの音楽フェスで出会った可能性が高いだろう…と思ったので、その方向でちょっと調べてみました。

その頃に「SEKAI NO OWARI」(または「世界の終わり」)が参加したフェス・イベントは以下の通りです。

2011年
4月30日 – REQUESTAGE 9
5月28日 – ROCKS TOKYO
7月24日 – JOIN ALIVE
8月7日 – ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011
(中略)
10月16日 – MINAMI WHEEL 2011
12月29日 – RADIO CRAZY
12月31日 – COUNTDOWN JAPAN 11/12
2012年
1月29日 – 「au by KDDI」presents オンタマカーニバル 2012
3月17日 – GO!FES 2012
4月15日 – SUPER GIRLS FESTA (台湾)
4月30日 – REQUESTAGE 10
7月29日 – 2012 JISAN VALLEY ROCK FESTIVAL (韓国)
引用元

が、肝心のきゃりーぱみゅぱみゅさんがどれに出演していたのかがイマイチ分かりません。という事でとりあえずしらみ潰しに調べてみると、

・「au by KDDI」presents オンタマカーニバル 2012
・・・

…あれ?1個だけ?

出演している年が違うのは他にもいくつか発見できましたが…。

思ったより共演した(と思われる)フェスが少ない事に驚きましたが、以上を考えれば恐らく2012年1月28日~29日に開催されたオンタマカーニバルが出会いのきっかけになった可能性が高い、かもしれません。

出演日が2人とも異なることから、お互いのパフォーマンスに興味を持って意気投合したのかも。

後はきゃりーさんが元々セカオワのファンだったそうですので、その辺りが会話のきっかけになったんでしょう!

Sponsored Link

きゃりーぱみゅぱみゅのすっぴん・カラコン無しの画像について

さて、とりあえず2人の出会いのきっかけが何となく分かったところで、次に話題になっているきゃりーさんのすっぴん画像を見てみましょう。

きゃりーぱみゅぱみゅ_すっぴん

おぉ。すっぴんって言うより完全に「目」です。そして「すっぴん」とか言いながらも普通につけまつげが付いています。

話題になった理由を簡潔に言えば「目が小さい!」という事になるんですが、これだけだとよく分かりませんので、比較にカラコンを付けている画像と並べて見てみましょう。

きゃりーぱみゅぱみゅ_カラコン比較

ずっと眺めてみると心が不安定になってきますね(笑) 言うまでもありませんが、左がカラコンあり、右が無しです。

こうしてみると、ありと無しでは印象がガラッと変わる事も分かりますね。

左が平常モード、右が病んでるモードみたいな。違うか。

ちなみに片目だけでこれなので、恐らく顔全体を写してつけまつげも外した状態だと誰だかよく分からなくなるんじゃないでしょうか。

黒歴史である竹村桐子時代はこんな感じ(※画像)なので、確かに目の印象が現在と全く違ってるなぁ…というのも分かるのではないかと思います。

それでは!


Sponsored Link

こちらの記事も読まれてます!

オマケ記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ