• このエントリーをはてなブックマークに追加

能年玲奈が性格が変なのは天然か検証!目が二重になったのは整形か?

能年玲奈
この記事の所要時間: 351

能年玲奈さんの性格が「変」と言われているようなので、汚名を雪(すす)ぐべく能年さんの性格について詳細に検証します。

また、能年さんの目が一重から二重に変わっていて整形ではないかとも言われているようですので、その辺りについても客観的に確認してみました。

Sponsored Link

能年玲奈の性格が「変」とは?

能年さんが変だというのは、そもそも一体どういった観点から出た話なのでしょうか?

まずそこが気になったので世間の反応を調べてみると、

「どうしたら好きになれるのかが分からない」
「バラエティ番組などを見るとコミュ障っぽく見える」
「しゃべり方が変」

といった意見が見られました。(※最初の方は最終的に好きになったそうですが)

能年さんは外見は紛れもなく美人ではありますが、テレビ番組で彼女のしゃべりを見ると独特の間合い(3〜4秒沈黙したり)や、喋りが遅すぎることから「なんか変」と感じる人もいるようです。

性格は天然か、それとも計算か?

こうした意見を見て気になるのは、能年玲奈さんが昔からあんな話し方だったのか、それともある日突然キャラが変わって妙な(失礼)話し方をし始めたのか、ということです。

実際、2014年現在これだけテレビで見かけることが多いことからも分かる通り、能年さんに好意的な印象を持っている人が多数派である可能性は高いわけですから、彼女のキャラクターはあれで成功していると言えます。

昔の能年さんがテレビでどんな感じだったか、についてはYouTubeで「能年玲奈 昔」と検索した結果を参照してもらえれば大体分かると思います。

「能年玲奈は計算でキャラを作っている」と言われることがあるのはこのためで、「昔は今よりも早口だったし、声も低かった。なのに今は…」というわけです。

が、ですね。

この頃の能年さんはデビューしたての時期だったわけですから、逆に考えれば昔の動画の方が「自分をアピールしよう」と考えてキャラを作っていた可能性は高かっただろうと思われます。

能年さん自身、上京を決めた時には

ここから抜け出したい、自分を変えたい、といつも思っていたんです

と語っていますので、当時は余計にキャラを頑張って作っていた可能性は高くなるわけです。

なので、現在の能年の話し方が変なのは、昔に比べたら今の自分を(ある意味)素直に出すようになったのと、「人見知りなので緊張してた」というのの複合的な要因だと思われます。

ちなみにあの独特のリズムの話し方、以前能年さんが「閃光ライオット」という10代限定のロックフェスティバルで開会宣言をしてたときも似たような感じだったので、あれで素なんだと思います。

つまり、結論を述べればあの喋り方は「計算」ではなく「天然」であると言えるでしょう。

動画を探しましたがすでに消されたようですので、能年さんのギター演奏でも代わりにお聴きください!

>>能年玲奈のギター演奏動画(音のみ)

Sponsored Link

能年玲奈の目は整形か?

能年さんの目が以前は一重だったのに、二重になったのは整形のせいなのか?という噂があるようですので、実際に見てみましょう。

ちなみに目はともかく、能年さんは「歯」に関しては中学3年の時に矯正しています。

能年玲奈

矯正する前はこんな感じだったようです。

能年玲奈

歯に関しては大事にしといて損することは無いですし、歯並びが悪いと女優としても印象は悪くなってしまうと思いますので、これは良かったと思います。

アメリカだと日本と違って歯列矯正してないとむしろ「親としての責任を果たしていない」とまで思われるレベルなので、今後海外への進出を目指す際にも効果的ですね!(適当)

って思ったら普通に能年さんブログに記事書いてますやん!

で、能年さんの目については…上記画像と比較して、こちらの画像が見事に綺麗な二重まぶたになっていることから話題に。

能年玲奈 二重

とはいえ同じ時期の能年さんでも、奥二重になったり平行型二重になったりと、二重の程度が変化しているため、恐らくアイプチかメザイクの可能性が高いだろう…と言われています。

ちなみに最近では「偽造二重メイク術」なんてものもあるそうで、技術の進歩や隠ぺい技術に驚くばかりです。

最後に能年さんの動画を置いときますね。

それでは!

関連記事:能年玲奈の小学校〜中学校時代のまとめ!女優を目指した本当のきっかけは?


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ